月野ぽぽな 第一句集『人のかたち』

第79回現代俳句協会賞受賞・マブソン青眼・句集『妖精女王マブの洞窟』(本阿弥書店)

霧過ぎて鈴懸の実の逞しき(三)~埋もれた異才の俳人・出澤珊太郎~ 齊藤しじみ

特別寄稿●続・ナガサキの浦上天主堂を詠む―「風」掲載の兜太の長崎滞在の句を中心に― 石橋いろり

第3回 「海原」全国大会in 静岡

『海原』No.60(2024/7/1発行)アップしました

青森県近代文学館にて「俳人・京武久美」追悼展 齊藤しじみ

開館35周年記念企画展「金子兜太展」@山梨県立文学館

開館35周年記念企画展「金子兜太展」

 金子兜太は、太平洋戦争での従軍体験を経て、戦後の社会性俳句、前衛俳句運動を担う若手俳人として注目を集めました。以後、昭和・平成の俳壇に大きな足跡を残し、歿後5年を経た今も影響力を与え続けています。代表句「曼珠沙華どれも腹出し秩父の子」「彎曲し火傷し爆心地のマラソン」をはじめとする作品、飯田龍太ら同時代の俳人や文学者との交流、俳人の枠をこえた幅広い活動の様子を取り上げます。

【会場】山梨県立文学館展示室C(山梨県甲府市貢川1―5―35)
【会期】2024年9月14日(土)~11月24日(日)
【休館日】月曜日と火曜日
【開館時間】展示室9:00~17:00(入室は16:30まで)
 詳細は文学館のホームページで
 https://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/exhibition/2024/03/post-107.html

句会報:2024年6月「海原オンライン句会」

2024年6月は6/22(土)にZoom句会を実施。
今回も回答任意でアンケートを実施。
Q:選句基準はありますか?あればそれはどんな基準ですか?あるいは、どんな句を選びますか?〈任意回答・順不同〉 結果はこちら


句会報:2024年6月「海原オンライン句会」

【高点句】(5点以上)

手の甲にメモするヘルパー半夏生 黒済泰子

わたくしの息継ぎをする金魚たち 男波弘志

自転車に大きな荷台昭和の日 矢野二十四

解体現場ぼうたんのあかるさよ 小西瞬夏

筒井呉服店ずっと休業つばくらめ 桂凜火

【参加者各一句】(高点句以外)

さくらんぼ歯に当て銃後という言葉 榎本祐子

営業マンの息つく処夏木立 塩野正春

月涼し足湯は八階テラスです 樽谷宗寛

ひとり喰む鮎の泪がほろ苦い 原洋一

花空木ときどき雲が目をあける 平田薫

無限大行ったり来たり夏祓 満葉

金盥の底に凹凸額の花 和緒玲子

不発弾のやうに母の目梅雨の星 安部拓朗

ほたる袋ときどき卑弥呼に逢いにゆく 石鎚優

ほっぺたに書かれた時計動いてる 葛城広光

案の定世間知らずの守宮です 木村寛伸

フェルメールの青になりたい夏の闇 さかいまゆみ

酢を注ぐピクルスの瓶若楓 菅原春み

ジャズピアノ緑の雨の向こう側 田中信克

モモタマナ人と野犬の午睡かな 田中怜子

バス停にオリーブの花不意にガザ 野口佐稔

雨の打つ代田剣山立つ如し 比良山

紫陽花のモコモコ湧いている不穏 伊東リハじ

蝮這う世界地図海の青色よ 井上べん

きっぱりと黒残す切り絵や心太 小田嶋美和子

星映すプールをゆるりソロ飛行 花舎薫

夏草やゴールポストの錆びしまま 坂川花蓮

夏至までを指折る鍵を受け取る日 紗藍愛

山繭やオーバードーズのきみの手に 夏谷胡桃

寅さんの店で食べたいかき氷 野口思づゑ

水無月の合わせ鏡に私かな 藤田敦子

ほうたるの灯りに思う故郷かな 二月結卯

兵役は戦機設計父の夏 石川まゆみ

心残りな夏よ秒針遅れ出す 大西健司

十五歳少女衛生兵に緑雨 大渕久幸

はつなつを尋ねる人の世界地図 小松敦

相棒の訃や「待つちよれよ」でででむし ながたにうたこ

風薫る道端に咲く花あまた 治子

神饌にパインの砲弾靖国社 姫

薫風や豪農館のハエ取りびん 坂内まんさく

   ◇

 今回は40名、うち初参加3名。「海原」以外からの参加者が約4割(15名)、初心者からベテランまで多彩な面々だが遠慮なく率直な合評が面白い。
 最高点10点「手の甲に」、介護世代が多いのか、日常の実感、多忙なヘルパーへの共感や労いの声多数。一方で「半夏生」に疑問の声も。上五中七のありふれた景を下後でどう引き立てるか。採った人の多くは片陰で咲く「半夏生」の健気、清楚なイメージとヘルパーの姿を重ねた。9点句「わたくしの」、「金魚」を対象として傍観するのではなく、自分が「金魚」になった人、一体化出来た人は採った。「息継ぎ」にはストレスや苦しみの感情を抱いた人が多かったが、ほっと一息する安堵感を覚えた人もいた。8点句「自転車に」、分かり過ぎ、付き過ぎ、下五で答えを出してしまっている、しかし、それでもいい、大きな荷台がリアルという人が採った。6点句「解体現場」、取り合わせが新鮮で印象的。石川県からの参加者は能登復興への前向きな「あかるさ」を見た。解体しないことには次のステップに進めないと。敢えて「あかるさ」と書く美意識だろうが、「火の奧に牡丹崩るるさまを見つ 楸邨」と比して、やや消化不良との声も。5点句「筒井呉服店」、店名がリアル。燕が居るなら「ずっと休業」であっても人の気配があるのだろう。衰退するものと永続する命の営みを具象化。「つ」の頭韻が心地よい。
 今回のアンケートでは「選句基準」を訊いたが、句会を終えて、次回はより具体的に「採らない基準」も訊いてみたいと思った。今、俳句で何を大事にしているのか、自分も含めて人それぞれの価値観を眺めてみたら何が見えてくるだろう。(記:「海原」小松敦)

アンケート結果:2024年6月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください。

2024年6月「海原オンライン句会」アンケート
Q:選句基準はありますか?あればそれはどんな基準ですか?あるいは、どんな句を選びますか?〈任意回答・順不同〉

○ 景を詠んで何か詩的なものを暗示させる句。読み手に物語を創造させる余地のある句。

○ わくわくする、納得する、共感する、皮膚にびりびりする、元気になれる、のどれかに当てはまるように思います。

○ 自分にスッと入って来る句を選んでしまいます。

○ 共感できる句は取るが、分からない句でも、とりあえず取って考えてみる。

○ 独創性と共感性とのバランス

○ 新鮮でいいなと感じた句を選んでいます。いいなと感じる句の特徴を書き出せば選句基準になるかもしれませんが、その時のコンディションにもよります。ところで共通の評価基準が定まっていない選考って文芸の世界くらいでしょうかね。あ、音楽もかな。

○ 楽しい句が第一。一茶風。

○ 個性的で響くものがあること。直観的に一読して内容がつかめるもの。

○ 自分の好きな句で、自分には作れないと思う句。表現と技法が高いレベルで成立していて、詩を感じるもの。

○ 映像が浮かぶ句。

○ 定形・原則として文語体・旧仮名づかい・声に出して読みリズムがよいか、を基準にします。

○ 訳がわからんが詩情に溢れる句。

○ 発想が新鮮で、かつ内容に共感できること。

○ 自由に読める句。読者に開かれている句。作者の思いや考えを押し付けてこない句。

○ 最近は、一読ではわからない句を捨てないようにしようと思っています。「なるほど~」と思い、「ジ~ン」と来るのが、最終的に残るようです。

○ ユニークさ。出会ったことのない句。ガツーンと打たれたい。

○ 景が明確。想像が広がる。措辞が上手い。季語が活きる取り合わせ。助詞などが適切。不要な言葉がない。伝えたい内容がわかる。表現の工夫。最後は好み。

○ あります。心に響いたか。景色が立ち上がったか。季語の働きのめざましさも。

○ 面白い句。

○ まず詠まれている映像や感情が理解できるかどうか。読み手の側の問題と言われればそれまでだが、あまりに抽象的で何だか不可思議な句が多々ある。それから、もちろん新鮮な題材やスタイルに惹かれる。最終的には時間をあけて何回か読んでみて飽きない句を選ぶ。

○ いまの生活実感を捉えているものを選んでいます。時代性があればさらにいい。

○ 選句基準は勿論色々あります。俳句構造、季語、定型、切れ、音律、描景技術や修辞技術、作者の思想や感情の表現、読者との共感の図り方など、色々なことを考えながら選句してます。ですが最終的には、「固定的な評価軸・方法が定まらないこと」が俳句の良さだと思っています。それゆえに「読みの多様性」が生まれ、作品と読者の自由な関りが生まれます。ある種のマニュアル的な選句方法、評価方法も存在するとは思いますが、それですべて良しとはしたくありません。

○ 好きな句を選んでいる。好きな句とは私の五感の記憶をざわつかせ気持ちを動かしてくれるようなリアルな言葉。

○ ずっと考えているのですが、結局は好みかなと思います。

以上

7月申込み受付終了しました「海原オンライン句会」

7月申込み受付終了しました「海原オンライン句会」
https://kaigen.art/online/

『海原』No.59(2024/6/1発行)アップしました

霧過ぎて鈴懸の実の逞しき(二)~埋もれた異才の俳人・出澤珊太郎~ 齊藤しじみ

第5回海原賞・海原新人賞受賞作家の俳句を読む〈握り拳の強度、心象と映像の行方 松本勇二〉

松本勇二句集『風の民』〈いくつもの楕円を重ねて 水野真由美〉

第2回兜太祭 レポート(一部抜粋)

木川貴幸ピアノリサイタル in 京都&東京

句会報:2024年5月「海原オンライン句会」

2024年5月は5/18(土)にZoom句会を実施。
今回も回答任意でアンケートを実施。
Q:最近面白いと思ったり気になった言葉を教えてください〈任意回答・順不同〉 結果はこちら


句会報:2024年5月「海原オンライン句会」

【高点句】(5点以上)

自由とは紋白蝶の回り道 佐藤詠子

音読の己が声聞くみどりの夜 榎本祐子

プチプチをつぶしつづける子供の日 桂凜火

新緑の奥へ魚を釣りにゆく 平田薫

クローバー低く犇く謀反めく 宮下由美

筍の皮剝ぎ戦見てをりぬ 小西瞬夏

戦艦に光の折るる夏の海 小西瞬夏

地下街の理髪店にも夏来る 菅原春み

村中を水の奔れる五月かな 長谷歌子

直葬の経は短し夏の雨 矢野二十四

【参加者各一句】(高点句以外)

愚痴かしら金魚の口のよく動く 和緒玲子

少年の鰭ひらひらと街を出る 男波弘志

なよやかにめいたる5月の鎖骨 さかいまゆみ

卯の花やここはひとまず黙秘権 原洋一

円空仏に腰のくびれや薄暑光 姫

初夏や祖母へ押し出す水ゼリー 安部拓朗

卯月曇知り合いのないイートイン 石川まゆみ

ネコとワタシと六畳一間南風 田中信克

新緑の山を背負うて芋煮喰う 治子

左綴ぢの絵本右綴ぢの若夏 柳生正名

豆炭(まめたん)と呼ばれし恩師瀬戸内海(せと)卯浪 石鎚優

右と言われれば左桜蘂降る 大渕久幸

白雨の森捨て来しものの見え隠れ 花舎薫

みどり子は誰かの目玉つけ端午 木村寛伸

何となく転がっている暮の春 紗藍愛

かさぶたの貼り付く心木の芽時 塩野正春

恐竜になりたい僕の子供の日 妙子

かんたんにうなづくまいぞ花は葉に 藤田敦子

鳥風や「また戦争」と令和の子 満葉

鯉幟百メートルぶんの鼓動 伊東リハじ

山繭の階段室の開口部 小松敦

AIの画像分類額の花 坂川花蓮

春眠の乙女唇にピアスして 樽谷宗寛

パン焼き機の音鳴るガザのタンポポや 夏谷胡桃

独り居の改正自由憲法日 比良山

石垣に青葉たちけり王の墓 柳咲八

意を唱う学生燃ゆる五月かな 田中怜子

みどり摘む姉さかぶりに風薫る 野口佐稔

春耕や来る給料配達人 坂内まんさく

   ◇

 さて今回は38名、うち初参加2名。最高点は7点「自由とは」、「回り道」が良い。ささやかな自由に共感多数。一方、蝶に自由は当たり前、「自由とは」と言わなくても分かる、自分にとっての自由はそうじゃなくてもっと大きい、等。6点「音読の」、静寂な夜、樹々の息遣いとシンクロ。いつもの声も「みどりの夜」だからこそ己の意識に上ってくる、その特異な感覚に共感。他方、上中はごく普通のこと、「みどりの夜」がイメージできない、という人は採らなかった。同「プチプチを」、可愛い子供が見えた人少なし。「つづける」に込められた思いあり。つぶしているのは子供ではなく大人の無為とも自嘲とも。何故「子供の日」か、簡単だけど複雑な句。同「新緑の」、わくわく感。散文的だがビジュアル。森に入る身体が新緑に染まってゆくような感覚。今日の特選と言う人多。平凡な風景と思う人は採らなかった。同「クローバー」、中下の「く」の韻心地良し。地に這い群生する様子に、謀反を企て潜む軍勢をイメージするなど「謀反めく」を面白がる人は採った。飛躍しすぎ、ついていけないとの声も。5点「筍の」、皮「剝き」ではなく「剝ぎ」に残酷なリアリティあり。「戦艦に」、希望がへし折られる無念を感じ、反戦のメッセージを読んだ人多数。「夏の海」がやや平凡との声も。「地下街の」、眼目は「地下街」。どこに「夏来る」かをイメージできた人は採った。「村中を」、採った人は田水張る光景をありありと思い浮かべた。そのまんま過ぎるとの声も。「直葬の」、激しく短い雨にも悲しいリアリティ。寂しすぎて採れないとも。
 本句会、昨年5月から始めて早一年。これからも桜梅桃李の一期一会に笑門来福!でやって参ります。よろしくお願い申し上げます。(記:「海原」小松敦)

アンケート結果:2024年5月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください。

2024年5月「海原オンライン句会」アンケート
Q:最近面白いと思ったり気になった言葉を教えてください。単語でも、フレーズでも、文章でも、科白でも、広告でも、何でも、何個でも結構です。〈任意回答・順不同〉

○雲障子

○「悪は存在しない」映画のタイトルです。

○NHK俳句の特選句「薫風や森に犇めくオノマトペ」のオノマトペの使い方。

○「昔の己に会いにきたのね」大河ドラマ「光る君へ」での、まひろから道長への心の呟き。

○「感情の押し付け」最近気になっている言葉。気を付けなければと思っている。

○朝ドラで、猪爪寅子が「(法律上)婚姻状態にある女性は無能力者」と聞いて「ハア~ッ!?」とリアクション。その歪めた顔や怒りのこもる驚きの声に若い頃の自分を思い出した。

○鳰つぷと己の水の輪の底へ(山西雅子)のオノマトペ「つぷ」。いつも、気に留めているカイツブリの姿を独特の表現力で詠まれたことに脱帽です。

○鋳造文字

○最近指定管理鳥獣を熊に指定するという。まったく命にたいして、どう思っているのか、これは怒りです。

○言葉の変換によって痛みと感情を伴わなくなったことばが氾濫していますが、一方で、インターネットの世界では顔無き輩が無慈悲なことばをぶちまけています。面白い、とか、うっとうしいとか、そういう概念そのものが通用しなくなっているこの現状をどう捉え直せばいいでしょうか。

○句集『風の民』松本勇二のあとがきより「一句書いて、すぐ死んでしまわず、まだ蠢いているような俳句をー」

○オランダキジカクシ(=オランダ雉隠し)…「雉隠し」という植物があるのを知りませんでした。雉を隠してあげる植物なんでしょうかね、「オランダ」はそれの外来種ということかな。見てみたいと思ってます。

○「個別の案件についてはお答えを控えさせていただきます」「適切に対処していると認識しています」「慎重に議論を重ねております」「あらゆる選択肢を排除せずに対応していかなければならない」「高い緊張感を持って注視しなければいけない」「引き続き丁寧な説明を尽くして参る所存です」「誤解を与えたとしたら申し訳ございません」

○太陽フレア

○自由の濫用、「お客様は神様です」という死語、サピエンス全史の「認知革命」

○グローバルサウス、あってないような概念。昔でいう第三世界?

○「〈感覚〉といわれるものは、より理解・解釈しない段階のものであろう。より直感であって、それを分析・統合してよく合点してしまう以前の段階の物事であろう。説明する以前に納得するー胸に落ちること。」阿部完一さんの『絶対本質の俳句論』の中から。

○「○○しか勝たん」以前から使われてる言葉かもしれませんが、中学生の子が使っているのを聞いて、「なるほどな」、大袈裟な言い方に聞こえるけど、心情を表しやすいのかもしれないと思いました。

○在日コミュニティーでは、冠婚葬祭の食事づくりに、女性だけかり出される。男性は座って酒を飲んでいる。

○映画『トノバン音楽家加藤和彦とその時代』5.31より全国公開

○「地獄の釜の蓋」(=キランソウ)

○岩波ブックレット『現場から考える 国語教育が危ない!‐「実用重視」と「読解力」』

○ボブルヘッド

○蠅とんでくるや箪笥の角よけて 京極杞陽

以上

申込受付終了しました:2024年6月「海原オンライン句会」

『海原』No.58(2024/5/1発行)アップしました

俳人金子兜太の全人間論ノート⑥ 岡崎万寿

霧過ぎて鈴懸の実の逞しき(一)〜埋もれた異才の俳人・出澤珊太郎〜 齊藤しじみ

『風の民』松本勇二 句集

2024年夏「海原通信俳句祭」開催のご案内

追悼 加川憲一 遺句抄

申込受付終了:2024年5月「海原オンライン句会」

詳細:https://kaigen.art/online/
   過去回の句会報なども掲載しています。

◆2024年5月「海原オンライン句会」
・申込締切:2024年5月3日(金)24時
・投句締切:2024年5月10日(金)24時
・選句締切:2024年5月17日(金)24時
・句  会:2024年5月18日(土)13:00~15:30 (Zoom開室12:45)
5月申込み:受付終了しました

句会報:2024年4月「海原オンライン句会」

2024年4月は4/20(土)にZoom句会を実施。
今回も回答任意でアンケートを実施。
:もしもあなたが中高生や大学生から「俳句のどんなところが楽しいですか?」
 と聞かれたら何と答えますか?〈任意回答・順不同〉
 結果はこちら


句会報:2024年4月「海原オンライン句会」

【高点句】(5点以上)

手紙書く浅蜊が砂を吐くように 夏谷胡桃

なみだより少し明るいしゃぼん玉 宮下由美

少女梳く春の退屈はさらさら 花舎薫

かさぶたにふれて四月をたしかむる 小西瞬夏

犬ふぐりひらがなだけの約束を 男波弘志

春疾風ブルーシートは嗚咽する 木村寛伸

相槌を打ってくれさう黄水仙 長谷歌子

春愁や本から落つる正誤表 原洋一

リラ冷えや天井高き駅舎の灯 坂川花蓮

寡黙なる人のつぶやき蜆汁 坂川花蓮

春蝉やシュレッダーから紙あふれ 坂川花蓮

雁帰るベンチに老人ひとりづつ 菅原春み

北窓を開くくすんでいて平和 宮下由美

【参加者各一句】(高点句以外)

アカペラで哭く六地蔵山桜 石鎚優

筍煮る母のもやもやのレシピ 奥山和子

涅槃西風肉噛む義母ののどぼとけ 小野こうふう

オブラートに包む伝言余花の雨 黒済泰子

さくらやさくらみんな遠くにゆきました 田中信克

シャンプーのつめかえ大真面目よ立夏 玻璃

遠霞はじめて兄をおぶった日 藤田敦子

土筆野や年々ビルの生えてくる 姫

つぎつぎに木からでてゆく春の昼 平田薫

遠桜ビル窓拭きのロープ揺れ 比良山

鳥の恋いのり覚える十六歳 増田暁子

その中のひとつは鬼火花篝 矢野二十四

塔のごとナプキン置かれ蝶の昼 和緒玲子

性癖を剝がすとのたり春の海 榎本祐子

名画座の三本立ての春田かな 大渕久幸

フラループ少女の腰に春が舞ふ 加瀬みづき

永き日の圏外にいる十五歳 小松敦

砥部焼の小皿母様かかさまの花菜漬 樽谷宗寛

さらばとかÇava?サヴァとか桜降る下で 柳生正名

自ずからさみしくひらく桜漬 山下一夫

貌よ鳥化粧をはがす前とあと 石川まゆみ

鬼瓦の家紋おろして春暮れる 石橋いろり

よき友と渋谷に昭和見つく春 伊東リハじ

老桜暴れシニアと呼ばれましょう 桂凜火

オカリナの音色に遊び風光る 川嶋安起夫

花屑落花踏んで踏んで永田町 さかいまゆみ

帰という字うれし哀しや鳥かえる 塩野正春

窓叩く蜂の羽音の勇ましげ 妙子

鳥曇りガザの子どもら飛んで来よ 田中怜子

朧月資源置き場の「花とゆめ」 満葉

全身が水になってハタと落ち 葛城広光

誰が見るガザ沖赫き春落暉 野口佐稔

囀りがうるさい大字一人暮らし 坂内まんさく

   ◇

 43名、うち初参加6名、海原以外から14名。句柄も参加者キャラも色とりどりで賑やかだった。
 さて、15点「手紙書く」、書き手の様子や手紙内容を彷彿とさせる。異物を吐き出す浅蜊の生生しさと手紙を重ね、そこにリアリティを感じた人は採った。「書く」は人間に引きつけ過ぎとの意見も。10点「なみだより」、涙もしゃぼん玉も周囲を映し込んで光り消えてゆくが、しゃぼん玉は明るく軽く、気持ちが楽に。それを当たり前、感傷的で甘いと思った人は採らなかった。9点「少女梳く」、髪も退屈も「さらさら」に共感できた人は採った。既存の少女性だ(一昔の)とも。同9点「かさぶたに」、治りかけた生傷に四月の再起動感を覚えた人多数。「木肌」の「かさぶた」との解釈も。この場合の季語「四月」は陰暦三月か?と問題提起あり。文脈にも依るが現代俳句では、各々の「四月」感で詠み・読めば良いのではないかとの提言あり。6点「犬ふぐり」、幼い約束にほのぼの。「〈を〉切れ」の余情。同「春疾風」、正に「嗚咽する」能登震災を偲ぶ。同「相槌を」、素直とも素直過ぎとも。同「春愁や」、「正誤表」は悲しすぎ、活かすなら他の季語をの声。5点「リラ冷えや」、景がよく見える。「寡黙なる」、呟きは汁の底の蜆のごと。「春蝉や」、生命力溢れる。「雁帰る」、雁の群れと孤独な老人たちとのギャップ。シュールでリアル。「北窓を」、春なのに、平和に驚く、末法の時代感。(記:「海原」小松敦)

アンケート結果:2024年4月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください。

2024年4月「海原オンライン句会」アンケート
Q:もしもあなたが中高生や大学生から「俳句のどんなところが楽しいですか?」
 と聞かれたら何と答えますか?〈任意回答・順不同〉

〇自分が生きている「いま」「この瞬間」を言葉で残すことができる。

〇言葉に出来ない事でも句に出来る。素通りしていたことに足を止める。日本語の美しさ。他いろいろ。

〇自分の気持ちや言いたいことがピタッと五七五に収まった時の「快感」とそれを誰かに共感してもらえた時の「嬉しさ」。自分自身の無意識の領域にまで降りていくことができること。自分以外の人と深く出会えること。

〇日常に発見があるよ。

〇今ここのわたしを表現できます。

〇この一行詩は例え失敗をしたとしても、直ちに元の場所からリセットできます。何度でも0地点からやり直せます。それも直ちにそれが出来ることです。もし小説ならどうでしょうか?構想10年、執筆20年、もしこの小説が失敗したらどうでしょうか、世間から全く顧みられなかったとしたら、作者は直ちに元の地点に還れるでしょうか?おそらくその精神力は残っていないでしょう。それが俳句なら瞬時にもとの場所に立ち帰ることができます。こんな爽快で快感に満ちた文芸は他にはないでしょう。

〇観察するようになり、対象を知ることができる。知らなかった側面を知ったときの喜び。世界が広がる(マクロ的にもミクロ的にも)。

〇自分の一瞬の感動を閉じ込めることができるから。

〇思想でなく、言葉だから。思想は有益だが(だから?)つまらない。言葉は無益だが(だから?)面白い。

〇分からない所。人それぞれの感性によって評価が違う所。

〇短い言葉によって無限の表現が可能になるから。

〇何かを生みだすのは苦しいし難しい。でも、頭の中や胸の内でふつふつと湧き上がるものを言葉に変えるパズル遊びのような楽しさがある。それは叫びたいほど強い思いかもしれないし、ただもやもやとした訳の分からない感情かもしれない。俳句はそれをじっくり見つめる機会を与えてくれる。次に、出来た俳句を読み返すことで、俳句で詠んだつもり以上の、自分でも気づいていなかった考えや気持ちを発見する嬉しい驚きもある。一粒で2度美味しい。おまけで、句会に参加すれば他人がどう自分の表現を解釈するかを聞くことができる。それも楽しい。他人を傷つけることもなく、場所もいらず何時間でもタダで遊んでいられる。こんな趣味は他にない。

〇毎日句作し、自分の生きた証=自分史として記録している。

〇「17文字の中に 自分の今の気持ちをどう表現するか、が楽しいから!」です。(それを 読者に如何に共感してもらえるか、が 大きなモンダイですけど・・・) 

〇言葉のサラダの試食会

〇考えている言葉で頭がいっぱいになって、嫌なことが追いやられる時間を持てるから。

〇短いところ

〇自分の思いを言葉にでき、短いので簡単だけど難しいところ。

〇気付いたことや思っていることを「俳句」の中に詠みますよね。それを読者として受け取って、そこにひとつひとつの物語が想像できること。そしてお互いに読み合って、たとえ同じことを詠んだ句であっても、お互いの感じ方が違うということが分かること。それが楽しいです。

〇67歳で初めて俳句を作りました。答えるには当事者適格に欠けています。が、名句をもつ俳人の多くが若いころから俳句に親しんでいるのを知り驚いている次第で、今回のアンケート、だいぶ気になり良い機会なので私なりに考えました。スポーツ観戦は競馬競輪など賭けを伴うものを除けば、観戦者はそのスポーツを体験しているかチャレンジしたい人です。文芸や絵画の世界は、製作者予備軍は鑑賞者であるのは当然ですが、鑑賞者(消費者)と製作者はあきらかに峻別しています。故にスポーツと文芸等への執着に若者の大きな隔たりがあるように思えます。ただし、俳句の世界はそれが一体です。であれば、スポーツ並みに俳句は広がるのでは。鶴の一声で鑑賞者の存在が薄い句会もあるのかもしれませんが、それは私が若いころイメージしていた「俳句は年寄りくさい」を想起します。つまり「誰でも何でも言え議論できる句会を紹介してとにかく行かせること」中高、大学生にそれが浸透すれば市場開拓は進むのでは。年少や若いころから俳句を始めた人の周りには、きっと「楽しい句会」の風景があったのではないかと…妄想する次第です。はて、どうなのでしょう。

〇広がりや深みのある景が十七音だけで表現できること。またそれを可能にしている日本語の素晴らしさを実感できること。

〇世代や性別を超えて感動を共有できるところ。

〇短く簡単に意思を伝えられる詩。(難しいですが)老若男女、紙とペンのみで楽しく過ごせる時間。 

〇自己表現 頭をやわらかく、自由な発想 そして削いでゆく

〇自句を投句してなんらかの評を頂けるところと先人の名句や他者の御句を鑑賞すること。

〇自分では思いつかないような言葉選びの句に出会った時、評価や選評を貰った時、など。

〇巧拙はともかく、手軽に自己表現ができるところ。

〇「Less is More(より少なくてより豊か)」なところ。

以上

狐鳴く 佐々木宏

古里のその古里 立川瑠璃

ルイージの懊悩 中内亮玄

俳人金子兜太の全人間論ノート⑤ 岡崎万寿

『花野原』大山賢太句集

『海原』No.57(2024/4/1発行)アップしました

2023年冬【第6回】海原通信俳句祭《結果発表》

第33回 ヒロシマ平和祈念俳句大会のご案内

第33回 ヒロシマ平和祈念俳句大会のご案内

本年も平和を祈念する作品を広く募集いたします。投句者全員による互選および特別選者による特選の発表のほか、出席者による当日俳句会もあります。多数の応募と大会への出席をお待ちしております。

とき:2024年7月13日(土) 午前10時~
ところ:広島市中区民文化センター
(広島市中区加古町4―17 ☎082―244―8000)
作品募集:未発表作品2句1組1,000円(何組でも可)
投句締切:5月9日(木)
投句先:〒730―0002 広島市中区白島中町12―15
 川崎千鶴子あて(☎082―222―1323)
特別選者:中村和弘・宮坂静生・高野ムツオ・安西篤・池田澄子・寺井谷子・夏井いつき ほか、多数を予定
顕彰:大会賞(現代俳句協会長賞)・広島県知事賞ほか
主催:広島県現代俳句協会
後援:現代俳句協会・広島県・広島市・中国新聞社など

申込受付終了:2024年4月「海原オンライン句会」

詳細:https://kaigen.art/online/

◆2024年4月「海原オンライン句会」
・申込締切:2024年4月5日(金)24時
・投句締切:2024年4月12日(金)24時
・選句締切:2024年4月19日(金)24時
・句  会:2024年4月20日(土)13:00~15:30 (Zoom開室12:45)
4月申込み:受付終了

句会報:2024年3月「海原オンライン句会」

2024年3月は3/16(土)にZoom句会を実施。
今回も回答任意でアンケートを実施。
Q:いつ、どこで俳句を作ることが多いですか? 結果はこちら


句会報:2024年3月「海原オンライン句会」

【高点句】(5点以上)

てのひらのくぼみにちやうどひなあられ 長谷歌子

遠足は弁当箱に棲む孤独 花舎薫

目貼剥ぐ硬き背中のネジゆるめ 坂川花蓮

それぞれに道それぞれに春の泥 安部拓朗

木魚打てど打てど蠢く欲の春 伊東リハじ

涅槃西風やわらかくなる靴の音 佐藤詠子

新宿の絆創膏を剥ぐ余寒 柳生正名

撃ち方やめい!しやぼん玉が飛んできた 矢野二十四

【参加者各一句】(高点句以外)

ふらここのひとりとなりて異星人 木村寛伸

亡き夫をヤツと呼ぶ友根深汁 黒済泰子

春風やメロンパン店タトゥー店 宮下由美

尻の下の新聞建国記念の日 大渕久幸

恥辱とは我がうすらひの割るる音 小野こうふう

声上げず投げ合う春の泥まみれ 桂凜火

シニヨンを春まつ指でゆるく結う さかいまゆみ

宅配のハザードランプ春の雪 菅原春み

春の土頭の中で作付けす 坂内まんさく

また本に戻す栞や冴返る 藤田敦子

鳥風や天窓を足す設計図 和緒玲子

貝寄風やぺらぺらめくる予言の書 榎本祐子

春の娘の手に少年の1ピース 小松敦

白詰草ほんとの白になれぬまま 妙子

もだえ神ますますもだえ不知火忌 夏谷胡桃

蛇穴をぞろり出てくる領収証 野口佐稔

父撮りし昭和の姉妹ひな祭り 野口思づゑ

エリカ咲き風が吹きよく笑うひと 平田薫

雪の果あれこれそれで済む夫婦 石川まゆみ

戦世(いくさゆ)の迷い道にをる春の犬 小田嶋美和子

甘えれば古里の雪の温きかな 塩野正春

学僧の木魚の乱れよ笹子鳴く 樽谷宗寛

再建の校舎の息吹下萌ゆる 比良山

アメリカになりしこの日の寒桜 柳咲八

煙草手に走りだしたり沈丁花 六月

薄明の百済観音や猫の恋 石鎚優

薄汚れ上履ききつし卒業式 満葉

   ◇

 今回は35名うち初参加2名。毎回少しずつ参加者が入替わりながらも40名程の均衡をキープ。
 最高点10点「てのひらの」、映像鮮明、柔らかい、可愛らしい、身の程に合った生き方、等。平仮名表記が奏効。試しにやってみたという人!もいたが、普通のことだと思った人は採らない句。8点句「遠足は」、採った人は皆幼少の記憶に実感あり。実感なき人は採らず、むしろ主格の「は」や「孤独」に違和感有りとも。同8点句「目貼剥ぐ」、採った人は概ね、張りや凝りがほぐれ柔らかくなる春を感じ、心のネジが緩む、と共感。反して「硬き背中」は作りすぎ、「剝ぐ」とか「ゆるめ」とか言葉で説明しすぎ、「ゆるめ」るのだから「硬き」は説明的で不要、等々議論百出。他方、ネジを緩めてくれるのは理学療法士でリハビリの実感、との鑑賞には一同爆笑。6点句「それぞれに」、きれいな道や泥の道、人生それぞれの岐路。リフレインが効果的。至って普通と感じた人は採らなかった。5点句「木魚打てど」、「打てど打てど」に思いがこもる。一方、僧侶も俗人とは言うまでもなく当たり前との弁もあり(しかし改めて読むとクドすぎて可笑しい)。「涅槃西風」、「ねはんにし」の音も柔らかい。冬の間硬かった地面が柔らかくなってきた感覚が心地よい。そんなイメージと感覚が具体的に湧かない人は採らない。「新宿の」、「余寒」に癒えない傷を感じる。「新宿の絆創膏」に暗喩のイメージを捉えた人は採り、絆創膏と新宿が繋がらない人には採れなかった句。実際、新宿をよく知らないという参加者も。「撃ち方やめい!」、口語調で軽いけど内容は重い。ガザ、ウクライナ等の戦争への抗議。「しやぼん玉」を飛ばすことでこれらの戦争の馬鹿馬鹿しさを強調。内容には肯きつつも、やや狙いすぎとの声もあり。
 自分が採った句について、採らなかった人の意見を聞くことで、自分の選の癖=作句の課題に改めて気づいた、なるほど「選は創作」(※)だ、という方がいました。これも句会の醍醐味ですね。(記:「海原」小松敦)

※ご参考:「海原」同人で、「海原オンライン句会」にも常連の柳生正名(やぎゅうまさな)氏が講師をしている「朝日カルチャーセンター」新宿教室「俳句1日講座」2024年6月29日のテーマがまさに「選句とは何か 選を磨き作句を伸ばす」となっております。下記ウェブサイトご参照。
「朝日カルチャーセンター」新宿教室 2024年6月29日
柳生正名講師「俳句1日講座 選句とは何か 選を磨き作句を伸ばす」

アンケート結果:2024年3月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください。

2024年3月「海原オンライン句会」アンケート
Q:いつ、どこで俳句を作ることが多いですか?〈任意回答・順不同〉

〇外を移動中、何かはっとするものに出会ったとき。「作る」というより「できる」ことが多い。

〇ラジオを聴きながら。

〇興の乗った時、締切りが迫った時、うちのリビングで。

〇夜9時~深夜、自宅

〇起床前の布団の中

〇何かしているとき、ふと浮かんでくる

〇夜、ワイン飲むと頭が冴える

〇朝コーヒー飲みながら。犬と散歩する時。

〇いつと言うことは決まっていません。ふと思いつくこともありますが、人と話している時に単語の一つが面白いとメモしたくなります。その方に失礼で出来ませんが…

〇思いたった時に 主に自宅の周辺 公園 海岸など

〇歩いている時です。スマホにメモするようにしています。すぐに忘れてしまうから。

〇昼間、散歩中。夜、布団の中で。

〇自宅のパソコン

〇場所より時間がないのが最大の問題

〇散歩のとき。俳句を作るために、外に出る。

〇庭園などを一時間ほどうろうろした末に、長居できるカフェにて作ることが多いです。

〇通勤途中と夕食の支度中。特に野菜を切っている時。すぐに忘れてしまいますが。

〇家

〇散歩中、散歩後、寝る前の布団の中

〇家、歩きながら

〇家。職場。おおむねインドア派です。

〇早朝枕元で。週末午前に机で集中。いつでも気になったことは紙やスマホでメモ。

以上

望月士郎句集『海市元町三‐一』〈音と言葉と身体 小西瞬夏〉

ペンのあと 佐々木宏

追悼・京武久美さん 齊藤しじみ

俳人金子兜太の全人間論ノート④ 岡崎万寿

《創刊5周年記念》第2回海原全国大会 レポート(一部)

『海原』No.56(2024/3/1発行)アップしました

第6回「海原金子兜太賞」の募集案内

句会報:2024年2月「海原オンライン句会」

2024年2月は2/17(土)にZoom句会を開催。
今回も回答任意でアンケートを実施。
Q:古今東西あなたが好きな俳句TOP5は?(自句以外で有名無名に関わらず) 結果はこちら


句会報:2024年2月「海原オンライン句会」

【高点句】(5点以上)

跳べそうな気もする春の水たまり 和緖玲子

鼓笛隊の先頭を行く紋白蝶 妙子

日向ぼこだらりどら猫どら息子 花舎薫

ヒヤシンスあの人らしい蔵書印 夏谷胡桃

カラフルなこの街が好き紙風船 野口思づゑ

「ふかふかのカフカ」と名付け雪兎 柳生正名

吊革の人みな揺るる蜃気楼 矢野二十四

【参加者各一句】(高点句以外)

まだ何も記さぬノートあたたかし 小西瞬夏

胸の蓋開けると機械冬銀河 小松敦

年の豆数へるほどにあやふやに 坂川花蓮

恋猫がまず踏んでいく朝の雪 野口佐稔

狐火ちろちろ胸倉という小暗がり 榎本祐子

咳き込んで三十九度の放屁なり 小野こうふう

がんばるべ春一番は向かい風 川嶋安起夫

チョコあげるダイヤちょうだいバレンタイン さかいまゆみ

秒針が自己主張する寒厨 佐藤詠子

墓じまひして旅人や蜜柑山 長谷歌子

春の展開図あたたむる冬芽よ 比良山

冬晴や破顔の豚の祀られて 宮下由美

痩せ牛のごつごつ蹲る春野 安部拓朗

着ぶくれの火傷の耳へ鳴る主文 石川まゆみ

山茶花の朱唇に水をふくませよ 石鎚優

詫びマニュアルの頭の下げ具合しずり雪 石橋いろり

おむすびを割れば漂う春の色 伊東リハじ

お利巧句見飽きて仰ぐ冬の空 小田嶋美和子

髪切りてフリオ・フロリダ弾く早春 桂凜火

実の名で死ぬという朝梅真白 田中信克

待春やグーパーグーパーの足の指 樽谷宗寛

ゴジラ来て冬日に湾をかき回す 坂内まんさく

節分や我が内の鬼豆喰らふ 満葉

ウルトラマン・太陽の塔・風光る 大渕久幸

背負いたる失意は疾うに春の空 木村寛伸

日脚伸ぶ宇治の団子の緑濃し 塩野正春

風花や少ししなびたポテトS 藤田敦子
   ◇
 今回は34名の参加。いつも通り3句出し5句選。ZOOM句会参加者の句は無点句も含め全句合評。作風も様々だが選の傾向もとりどりで毎回ワクワクする。そして何よりも楽しいのが他人の選評。自分では目もくれなかったような句が、選評で好句に変身するミラクル!この句をそんなふうに読むのか!?と目から鱗だったり。採らない理由も忌憚なく痛快。点数の少ない句の方が(何故わざわざその句を採った?)面白かったりもする。
 さて、最高点句は7点「跳べそうな」、潦か雪解水か、春だからこそ跳べそうと思う、柔らかで前向きな気分に共感。「も」に少しの不安あり。「春の水たまり」に気づいたことが素晴らしい。一方、水たまりを跳ぶのはよくある、新鮮さを感じないとの意見も。同じく7点「鼓笛隊の」、最近はあまり見かけない鼓笛隊、しかも紋白蝶が先導するなんてファンシーだけど、音楽も映像もすぐ浮かび動きがある。ちょっとノスタルジック。句全体で春を表している。採らない人からは、既視感あり、素直すぎるとの声。5点「日向ぼこ」、リズミカル。作者と共に面白がる句、それ以上ではない句(だがそれでよし)。「ヒヤシンス」、花言葉やギリシャ神話を背景に、読者各様に勝手なエピソードを展開。今は亡き「あの人」を偲んでいる。借りたまま返せなくなった。洋書だ、ダンテだ、等々。「カラフルな」、暗い時代の明るさ。「紙風船」で和風な色合いも。「この街」の抽象性については賛否両論あった。「カラフル」は街の雑然さを批判的に詠んでいるとの解釈も。「ふかふかのカフカ」、音の面白さ一本勝負。こういう句もあっていい。ロッテのキャラクター? 「吊革の」、人間の春の逡巡感。吊革に掴まる人々がふと蜃気楼の中に揺れている不思議。
 ほか、低得点なるもさりげなく味わい深い句がたくさんあり賑やかな合評となった。金子兜太の「平明で重いもの」や昨年の全国大会で出たキーワード「実景の中に暗喩」(※)を思い起こした。(記:「海原」小松敦)

※2023年第二回「海原」全国大会の詳細レポートは海原2024年3月号(第56号)をご参照。

アンケート結果:2024年2月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください。

2024年2月「海原オンライン句会」アンケート
Q:古今東西あなたが好きな俳句TOP5は?(自句以外で有名無名に関わらず)〈任意回答・順不同〉


〇樹といれば少女ざわざわ繁茂せり

〇一生に打つ一億字天の川(堀田季何)、万有引力あり馬鈴薯にくぼみあり(奥坂まや)、たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ(坪内稔典)、海暮れて鴨の声ほのかに白し(松尾芭蕉)、大の字に寝て涼しさよ淋しさよ(小林一茶)

〇囀りをこぼさじと抱く大樹かな(星野立子)

〇おおかみに螢が一つ付いていた(金子兜太)、雪よりも白き骨これおばあさん(成田千空)、月光の象番にならぬかといふ(飯島晴子)、蒸籠より出したばかりの春の月(金子敦)、春浅し無敵の動物ビスケット(河原珠美)、いますぐ思い出せる句はこれだけです。他にもあるのですが、とりあえず。

〇これがまあ終の栖か雪五尺など、一茶の句

〇春一人槍投げ槍に歩み寄る、新宿は遥かなる墓碑鳥渡る、ものの種握れば命ひしめける、運動会午後へ白線引き直す、夏の河赤き鉄鎖のはし浸る

〇うーん、急に言われても。白梅や老子無心の旅に住む(金子兜太)、夏の山国母いてわれを与太と言う(金子兜太)梅一輪一輪ほどのあたたかさ(服部蘭雪)、苺ジャム男子はこれを食ふ可らず(竹下しづの女)、元日の生みたて玉子夫の掌に(金子はる)

〇君が手もまじるなるべし花芒、濡紙に真鯉つつみて青野ゆく、子に学資わたす雪嶺の見える駅、たんぽぽの黄を挿して愛ず一コップ、むささびや親しき影と添ひ飛びて

〇突っつけばくずれる芸者冷や奴、マネキンの囁きあへる朧かな、これがまあ終の栖か雪五尺、さまざまなこと思い出す桜かな、夏草や強者どもが夢の跡

〇長寿の母うんこのようにわれを産みぬ、じゃんけんで負けて蛍に生まれたの、……

〇熱燗の夫にも捨てし夢あらむ(西村和子)、死ぬ時は箸置くやうに草の花(小川軽舟)、雪掻へごくらうに様つけていふ(辻田克巳)、春の山たたいてここへ坐れよと(石田郷子)、いのちひとつ爆忌ふたつや今朝の秋(石寒太)

〇冬菊のまとふはおのがひかりのみ

〇しんしんと肺碧きまで海のたび(篠原鳳作)、蝶堕ちて大音響の結氷期(富沢赤黄男)、水枕ガバリと寒い海がある(西東三鬼)、手をのこしゆく人ありて汐干狩(阿部青鞋)、涙なし蝶かんかんと触れ合いて(金子兜太)

〇無患子を拾ふきらひな子のきれい(柏柳明子)、人許す西瓜の種をふつと吐き(椎名果歩)、おでん煮るいぢわるがなくなりますやうに(野名紅里)、マスクもうはづさうかもう海だから(神楽坂リンダ)、追伸のやうに短く囀れる(小島明)

〇夕狩の野の水たまりこそ黒瞳(金子兜太)、炎昼の馬に向いて梳る(澁谷道)、天に声あふるるときは雪とならむ(北村美都子)、白服の胸を開いて干されけり(対馬康子)、東京暮らしはどこか棒読み蜆汁(宮崎斗士)

以上

句会報:2024年1月「海原オンライン句会」

2024年1月は1/20(土)にZoom句会を開催。
今回も回答任意でアンケートを実施。
Q:あなたにとって「秀句」とはどのような句ですか? 結果はこちら


句会報:2024年1月「海原オンライン句会」

【高点句】(5点以上)

マフラーをほどくわたしを明け渡す 宮下由美

日記買ふ三百六十五のあした 花舎薫

着ぶくれと着ぶくれそっけない街に 安部拓朗

家系図の未完に終り蝉氷 小松敦

松過ぎの厨に残る子等の箸 佐藤詠子

母病んでうろうろこんなにも冬星 安部拓朗

論文の始まりのよう冬木の芽 佐藤詠子

一刷の紙面匂へる霜の朝 藤田敦子

鯛焼の板はざぶんと裏返る 瑞穂

【参加者各一句】(高点句以外)

八代亜紀唄ふブルース炭が爆ず 和緒玲子

けさの春土に還らぬものの群れ 石鎚優

思い出し笑いの寝顔ねこやなぎ 石橋いろり

ポインセチア嘘をつくのが仕事です 大渕久幸

侵略を炬燵で眺む我の貌 小野こうふう

冬日差し背中にあてて文庫本 川嶋安起夫

赤ん坊の軽さ重みを知る初湯 塩野正春

冬の虹街は瓦礫でつながれて 田中信克

赤糸のしゆつと通つて縫始 長谷歌子

蝋石で描く階段白鳥来る 夏谷胡桃

小さな神社の小さな列初詣 野口思づゑ

湯豆腐のやうな人なり冬の宵 矢野二十四

春近し大看板にめしうどん わらしべ

風は友だち笑いよじれる裸木 石川まゆみ

寒鯉の目玉ぎろりとこぼれそう 桂凜火

全壊の屋根の重さや嫁が君 木村寛伸

またひとつまたひとつまた雪をんな 小西瞬夏

突っつけば嫌がる虫これ意思疎通 坂内まんさく

海が海であり黒鉄黐に赤い実 平田薫

亡き母の小袖のにほひ小正月 満葉

幼子の鼻歌ぽつり冬菫 伊東リハじ

こころという名の子の呉れし冬林檎 榎本祐子

冬曇りレーズンサンド微笑感 葛城広光

夜道の途私を止める寒椿 圭子

淑気満つスタート砲待つ大手町 さかいまゆみ

狐火を追ひつつ我を忘れけり 坂川花蓮

初春のつましき茶店日が渡る 樽谷宗寛

断層に怯え原子炉虎落笛 野口佐稔

供えたる栗饅頭の皺七日 比良山

輪島より来し年賀状音無くす ふわり

見送りてつららつららの十勝晴れ 看做しみず

冬至日の影は昇平グラブ持ち 後藤雅文

除夜の鐘言いたくない気分おめでとう 谷口道子

東京ドーム三個の餡子宇津田姫 藤川宏樹
   ◇
 今回は41名、うち新規参加者が8名(いずれも海原ではない方々)。参加地域はグローバルで、ロサンゼルス、ハワイ、シドニー、日本全国各地より。初心者からベテランまで句柄も多種多様であった。金沢からの参加者はもとより元日の大地震を心配する句、能登に限らず東欧や中東の瓦礫に思いを寄せる句も多く、平和を願う強い気持ちを共感した。
 さて、最高点句はぶっちぎりの15点「マフラーを」、「ほどく」「明け渡す」に読者それぞれのイメージが膨らんだ。迷いを捨てた、さらけ出した、解放された、等々。土地や家に使われる「明け渡す」の措辞が絶妙。明け渡したくない、など気持ちがついていかない人は採らなかった。8点「日記買ふ」、「あした」でポジティブな気持ちになった人は採った。採らない人からは説明的だとの声。7点「着ぶくれと」、着ぶくれて互いに無関心でも触れ合う街の情緒、「そっけない」に哀愁。7点「家系図の」、「蝉氷」の斡旋良し。綺麗だけど付き過ぎ、家系図の句はよく見るとも。6点「松過ぎの」、生活感が端的に現れていると思う人は採った。5点「母病んで」、「うろうろ」しているのは子か母か、いずれにせよ「こんなにも冬星」が悲しい。「論文の」、やがて膨らみ葉や花に展開してゆく「冬木の芽」の喩えに納得した人は採った。「一刷の」、寒々とした体感を覚える。早刷は無論「朝」なので重複感ありとも。「鯛焼の」、「ざぶんと」およげ!のリズムが楽しい。「板」か「型」かとの声もあり。今回も合評の中に様々な気づきがあり楽しかった。
(記:「海原」小松敦)

アンケート結果:2024年1月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください。

2024年1月「海原オンライン句会」アンケート
Q:あなたにとって「秀句」とはどのょうな句ですか?〈任意回答・順不同〉


○映像にリアリティがあり(現実的という意味ではなく実感があるということ)、その中に入り込む快感があり、読み手の自由が保障されていること。

○文法に則っていて(文語体、旧仮名遣い、が好きです)リズムのいい句。

○一読して 風景が浮かぶ、共感の持てる句。

○景が見える句、象徴性の豊かな句、現代人の心象風景が表現されている句 。

○よくわかりません。

○映像が浮かび、吟じやすい、舌に馴染む句。平易な句。

○目に見える物でも見えないものでも斬新な切り取り方で見せてくれている句。発見と驚き。パーソナルな題材であればある程良い。

○一読して、そうそう!全くそうよね、と思う句が、まずは良い句と思ってチェックしますが、何度か読んで飽きることがあります。逆に地味な印象の句が最終的に立ち上がってくることもあります。何度読んでも嫌でない句、しかも目を開かせてくれる句が、秀句かなと思います。

○一読しても理解出来ない句。

○発想に可能性が感じられる句、すなわち飛躍、転換が見事な句です。

○こころの琴線を震わす句。

○日常生活で同様のシーンに巡り合ったとき、一緒にいる人につぶやいてあげられる句が好きです。

○ドキッとして、じわっとする句。

○作者のリアリティが詩的に昇華しているような句です。

○季語と取り合わせのキーワードが不即不離で響き合う句。

○日常の中の非日常を切り取った句。

○難しい質問ですが、奥深い言葉の表現で、リズムや季語が合った句とでも申しますか。あまり心情が離れた句、意味がすっきりしない句は、私は好みません。時にはユーモアも欲しいです。

○自分には作れない詩を持っている作品。

○感性の一致。

○五七五のリズムがあって、情景が浮かんだり、心情が伝わったりしたあとに、感慨や気づき、余韻が残る句。

○自由に読める句。奥行がある句。読者それぞれの物語が折り畳まれている句。感覚や記憶を刺激してくる句。

○二物衝撃。

○写生という土台に作者のオリジナリティが乗って。言葉は平明で割合は多からず少なからず。いろいろな読みが出来て其々に共感がある。

○客観的に見て自分が目指したいものに近いもの。

○自分にとって意味のあった句。例えば、知らなかった言葉、「蝉氷」などを示してくれた、とか。

○簡潔な表現で対象に深く迫っている句。

○私にとっては、他より秀でている句というのは無くて、好きな句があるだけです。

以上

追悼 らふ亜沙弥 遺句抄

俳人金子兜太の全人間論ノート③ 岡崎万寿

カーンと秋 佐々木宏

特別寄稿◆ナガサキの浦上天主堂を詠む―秋櫻子・伊昔紅・兜太・皆子― 石橋いろり

石川まゆみ句集『光あるうち』〈広島を生きる 河原珠美〉

2024年 第2回「兜太祭」のご案内

『海原』No.55(2024/1/1発行)アップしました

句会報:2023年12月「海原オンライン句会」

12月は12/16(土)にZoom句会を実施。
今回も回答任意でアンケートを実施。
Q:あなたにとって「新しい俳句」とはどんな俳句ですか? 結果はこちら


句会報:2023年12月「海原オンライン句会」

【高点句】(5点以上)

手袋の人待つやうに置かれをり 小松敦

海鼠嚙む日和つてる奴いねえよな 柳生正名

ポインセチア睡眠薬の効かぬ部屋 あずお玲子

りんごシャリシャリあの時の嘘ごめん 三枝みずほ

床屋出て己の座標探す冬 佐藤詠子

雪催また調音を乞う楽器 中村晋

少しだけ未来を歩く寒月光 藤田敦子

冬林檎さびしいときに笑ふ人 宮下由美

寒紅を引きて女将の貌となる 矢野二十四

【参加者各一句】(高点句以外)

物価高サンタはトナカイ解雇して 満葉

医者に行く前に此処冬の日溜り 野口思づゑ

手押しの荷また積んでゆく師走かな 石川まゆみ

望郷や大根一本素ッ裸 石鎚優

小春とは豚の角煮のよいところ 大渕久幸

「もう行こう」「もうすこしだけ」木の葉ちる 小野こうふう

枯芙蓉朝が希望であった頃 妙子

袋詰め歳末大売り出し無言 田中信克

凍星やみんなが見てるジェノサイド 夏谷胡桃

一日中ジムにゐる老人(ひと)冬隣 坂内まんさく

なだらかに木は次の木へ十二月 平田薫

埋火や祖母の手のしわ指のふし 看做しみず

諍いのはじまり柿の種に刃当たる 榎本祐子

狼の足跡山に消えにけり 加瀬みづき

横顔の白く閉じられ冬の蝶 桂凜火

面構え真田昌幸枯蟷螂 後藤雅文

くらがりに母が捨てきし湯婆のゆ 小西瞬夏

すっぽん鍋竜宮行きはあきらめろ 樽谷宗寛

被爆者の友は辺野古へ冬の朝 野口佐稔

青・色・信・号・点・滅・冬夕焼 藤川宏樹

鉄棒に触るる跳躍月氷る 瑞穂

カトレアや海の記憶のこぼるる夜 安部拓朗

冬病棟あまたの管は翼得る 石橋いろり

宿帳に与太としたため寒鴉 木村寛伸

凩一号吾がスケルトンの隅々に 塩野正春

着ぶくれて人の溢れる場所に行く 菅原春み

寒椿一輪ホーと緩む頬 谷口道子

小さき幸空へ小春の観覧車 伊東リハじ

母親に全て委ねて眠る稚児 葛城広光
   ◇
 今回も3名の初参加あり、少しずつ裾野が広がっているのを感じる。初参加で高点句もあり面白い。
 38名114句。一人5句選。最高点は10点「手袋の」、手袋が誰をどんな状況で待っているのか、映画の映像構成を想起、主を待っている、暖冬の売り場で客待ち、落とし主を待っている、使い込まれて捨てられそう、等。読者の想像力を掻き立てたようだ。採らない弁は、手袋とはそういうもの、既視感あり、等。6点「海鼠嚙む」、二物衝撃が上手い。「いねえよな」が恫喝なのか同調を求めるのかによって「海鼠嚙む」の味わいが変化する面白さあり。「日和つてる」状況に深読みも可。某ドラマのセリフを思い出し素直に読めなかったとの声も。5点句「ポインセチア」、採らない人は「ポインセチア」と中七以降が繋がらぬの声。採った人の解釈は様々。ポインセチアの毒々しさに不眠感、イライラさせる人から貰ったポインセチアだから、「効かぬ」は「不要」の意、など選評が面白い。「りんごシャリシャリ」、軽やか、たぶん嘘も軽い。いい人間関係。シャリシャリしてる今こそが詫び時。もっと具体的にとの声も。「床屋出て」、心新たにリスタートする感じがうまく表現できている。「座標」が大袈裟か。「雪催」、弦楽器への愛着。「楽器」とは「自分」だとの解釈に対し、先ずは実景として読むべきだとの意見あり。「少しだけ」、前向きでいい。「寒月」でなく「寒月光」なのは「歩く」者の少しだけ前方に落ちる影をイメージしているのでは。企業スローガンみたい、とも。「冬林檎」、あるあるだけど「冬林檎」が効いていると思った人は採る。「寒紅を」、「寒紅」を「季題」とした一句一章の様式美の世界。また、高点句ではないが「狼の足跡山に消えにけり 加瀬みづき」は、薄味だけど味わい深い、兜太へのオマージュ、とのコメントあり。
(記:「海原」小松敦)

アンケート結果:2023年12月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください。

2023年12月「海原オンライン句会」アンケート
Q:あなたにとって「新しい俳句」とはどんな俳句ですか?〈任意回答・順不同〉

○あまり新しい古いもなく、良いものはいいという感じです。

○みたことのない表現、技巧、素材、うーん難しいです。

○新しい=新鮮に感じる、という理解であれば、ひとそれぞれの新しさがあるだろう。

○俳句を始めた頃「既視感」という語に出会い、なるほど見たことあるものに感動はないと自覚しました。それからは見たことないを素人なりに目指していますがそう上手くはいきません。「新しい俳句」は不勉強でわかりませんが、そんな「つもり」を心がけていたいと思います。

○新しさというよりも、論理を超えて感覚を覚醒させるような句に魅力を感じます。また、兜太師の句には、言葉に圧倒的な存在感があり、技巧を超えたパワーを感じます。そこに師の高い詩精神を感じます。この二つが頭の中をぐるぐる回っていますが、私自身は写生+αの辺りをうろうろしています。

○次の4条件を満たす短詩である。
1、5・7・5は最大限に努力して守るべき土俵。
2、現代の状況の認識が句作の土壌になっている。
3、人、物、事の本質が個性的に表現または追求されている。
4、その表現または追求によって必然的に生じる抒情が個性的に表現されている。

○新しい俳句は希望しません。時に哲学的な、あるいは他の芸術をツールとした句を見かけますが感慨浮かびません。今の世界、今の日常を楽しく、また鋭く読みたいですね。

○シュールレアリズム

○自分でも詠みたいと思っていたことを巧く詠んでいる俳句。それと笑える、またはニヤッとさせてくれる俳句、ですかねえ。

○新しいかどうかを意識したことがありません。

○今の時代をつかみ取った俳句。その中で明日の希望が感じられる俳句。

○季語や時事、一般的な生活感情といった、既に共感性が確立されているイメージに、読者の理解を委ねるのではなく(現在の俳句は、この「委ね方」の技と作法の鍛錬にほぼ集中していますよね)、まず作者の視点・発見・感覚が新奇・固有であり、それが「俳句の形」で読者側に、理解・共感・寄り添いを誘ってゆくような、そんな俳句。(言っていることが、面倒くさくて、分かりづらくてすみません。)

○「海原」そのものだと思います。時代の変化の中に、うごめく自分を詠むことです。年齢や境遇は関係ないですね(笑)。

○新しさを求めたことがないので、わかりませんが、瞬間的に新しいものも、次の瞬間は古いものであり、相対評価でしかない。その一瞬輝くが、その結果もう目新しさはなくなり、飽きられることもある。

○俳句はあれもこれもしてはいけないことがあって、むつかしい。じゃあ何でもいいかと言われると又もっと難しい!色々作ってみるしかないのか?迷います。

○当然私の目にも入っている事や物なのに、全然気づかなかったところを取り上げて書いている句。新しい言葉をいち早く使うことも、入るかなと思うが、それだけではないような気がする。ただ、陳腐な古い言葉を使うのは確かに、古い感じの俳句かなと思う。新しい、って、何? いい質問ですね。考えます。

○その俳句を読むことで、自分のからだに潜んでいた無自覚な世界の記憶が蘇生されつながり合い動き出す、そのざわめきに驚く、そんな俳句。

以上

俳人金子兜太の全人間論ノート② 岡崎万寿

『海市元町三-一』望月士郎句集

追悼 木村和彦 遺句抄

追悼 松本孜 遺句抄

『海原』No.54(2023/12/1発行)アップしました

中内亮玄句集『北國幻燈』〈師の掌で転げる 柳生正名〉

『金子兜太と宮崎』 福富健男編著

【申込み受付中】2024年1月「海原オンライン句会」

年齢・所属など関係なくどなたでも参加できます。無料。
詳細はこちらで:https://kaigen.art/online/

2024年1月の申込み受付開始しました

◆2024年1月「海原オンライン句会」
・申込締切:2024年1月5日(金)24時
・投句締切:2024年1月12日(金)24時
・選句締切:2024年1月19日(金)24時
・句  会:2024年1月20日(土)13:00〜15:30 (Zoom開室12:45)
1月申込み:https://forms.gle/uz2Nicrt61o65KmeA

句会報:2023年11月「海原オンライン句会」

「海原オンライン句会」11/18(土)にZoom句会を実施。

 今回も回答任意でアンケートを実施。
 Q:「俳句関連のお気に入りの本やお薦めの本」 結果はこちら


句会報:2023年11月「海原オンライン句会」

【高点句】(5点以上)

絵も本もピアノも売りて日向ぼこ 大浦ともこ

秋の空土偶笑って掘り出され 夏谷胡桃

「ひやっとしますよ」平和な国の心電図 野口佐稔

鶏頭がお告げのように立っている 榎本祐子

木の実ふるゆるき傾斜のすべり台 宮下由美

どこからが自由不自由マスク取る 桂凛火

エレベータ全員無言冬に入る 菅原春み

母の黙あつめて冬の入日かな 田中信克

夜長し水槽に立つ亀の腹 瑞穂

【参加者各一句】(高点句以外)

大原女の足の速さよ夕時雨 樽谷宗寛

老犬が瞬きをする金木犀 平田薫

今もゲルニカ笑って生きてる柘榴の実 増田暁子

鼻先を冬眠前の毛物臭 石川まゆみ

軒裏に日の斑ゆらぐや池は秋 伊東リハじ

古楽器の響きの如く水澄めり 川嶋安起夫

枯蟷螂己の影にしがみつき 佐藤詠子

秋晴れや物干し竿の雨の跡 満葉

吹かれたる散りたる狂ひ花の白 看做しみず

木葉木菟見てから父母ばかり詠む 柳生正名

口づけはかるく黄落降り止まぬ 安部拓朗

古民家に農具転寝や五倍子の花 小田嶋美和子

冬日和たんぽぽ薬局に石鹸 奥山和子

鏡では二人になっている話 葛城広光

神無月そろそろ異議を申したい 木村寛伸

花束は一斉に枯れ日短 小松敦

秋の旅トイレ惑わすピクトグラム 塩野正春

阪神日本一今日の車庫入れパーフェクト 谷口道子

冬至五時都市に始まる第二幕 野口思づゑ

じじばばの長き抱擁吾亦紅 石鎚優

北欧の隙なき景色いわし雲 小野こうふう

小鳥来る体育すわりに畳まれ子ら 藤川宏樹

猪が行く逃げ口上は嫌いなり 矢野二十四

小春とは自転車に乗るガスタンク 大渕久幸

寒山拾得になったつもりの秋一日 坂内まんさく
   ◇
 SNS等をきっかけに「海原」ではない方の参加も増えてきた。「海原」では見かけないような違った作風が吹き込み、お互い刺激になればと思います。
 今回は34名百二句の参加。最高点は10点「絵も本も」、売却後のがらんとした空間には心の空間をも感じさせる。終活の断捨離、いや引越しだ、いやいや、「も」で畳みかける思いの深さから、亡き人の遺品整理に違いない、と解釈が様々。解釈によって「日向ぼこ」の気分が変わってくるのも味わい深い。採らない弁は、よくある断捨離風景で心動かず。9点句「秋の空」、笑っているのは土偶かそれとも掘っている人か、の議論あり。どちらともとれる。太古からの見守り、祈り、安心感、人類への希望、嘲笑など各々自由に鑑賞。「秋の空」がやや雑では、との声も。8点句「ひやっとしますよ」、電極の肌触りを意味するだけでなく、心電図の波形に恐怖や驚きを感じる、その波形を見てみたい。上五に「たくらみ」を感じるが良し、平和ボケを皮肉る句の多い中これは秀逸との声あり。7点句「鶏頭が」、鶏頭に「お告げ」を感じ取れた人は採り、感じ取れない人は採らない句。鶏頭に「祈祷師の杖」をイメージした人もあり。6点句「木の実ふる」、採った人は「ゆるき傾斜」に穏やかさ優しさを感じている。「ふる」「ゆる」「すべり」の音韻が心地よさを醸し出す。5点句「どこからが」、マスクだけで現在の生活風景をよく描き出している。「取る」がやや分かりずらいとの声も。「エレベータ」、「冬に入る」が季節の急激な変化に引きこもりがちな気分を表している。マナーとしての無言を当たり前に感じた人は採らず。「母の黙」、上五に感情移入し易い。暗いという声も。「夜長し」、情景がよく見える。「夜長し」の斡旋に賛否あり、夜長だからこそ亀の腹を見るに至ったのだとの意見に感心した。
 句の鑑賞において、読者それぞれの経験や状況の中で感じ取ることは自由でよいと思うし、聞いていて面白いが、書いていないことをあまりにも深読みしすぎじゃないかとの意見もあり、印象的だった。
(記:「海原」小松敦)

アンケート結果:2023年11月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください。

2023年11月「海原オンライン句会」アンケート
Q:「俳句関連のお気に入りの本やお薦めの本」〈任意回答・順不同〉

○「言語の本質」中公新書 AIと人間の言語の本質的違いを「接地性」と身体性の視点で分析。現代俳人必読の書。朝日カルチャーの一日講座で取り上げます。

○夜眠る前は、漫画が必需品です。今は、西岸良平の『夕焼けの詩』か『鎌倉ものがたり』です。少し前は、ラズウェル細木の『酒のほそ道』でした。

○「芭蕉の風景」上下巻(小澤實・著)、「俳句ミーツ短歌」(堀田季何・著) 

○金子兜太句集『百年』

○『俳句のための文語文法入門』佐藤郁良・角川ソフィア文庫

○『今日の俳句』金子兜太・光文社、『金子兜太の俳句入門』金子兜太・角川ソフィア文庫、『感性時代の俳句塾』金子兜太・集英社文庫、『他流試合』金子兜太・いとうせいこう・講談社+α文庫、『荒凡夫一茶』金子兜太・白水社、『熊猫荘俳話』金子兜太・飯塚書店、『俳諧史』栗山理一・埴書房、『金子兜太』安西篤・海程新社、『兜太再見』柳生正名・ウェップ

○やはり、堀田季何さんの『人類の午後』が面白かったです。現代俳句協会を脱会しましたが、岩手現俳の人に入るようにお願いされていました。堀田季何さんがいるのなら希望があると再入会しました。

○対馬康子さんの第四句集『竟鳴』を読みたいのですが、絶版しておりなかなか手に入りません。

○「dlsiteイイロ」でネット句集を百十円で販売しています。宜しくお願いします。

○最近のものでは、句集:土井探花「地球酔」、雑誌の特集記事:俳句四季11月号「諸家書架2」。

○「金子兜太 俳句説法」(さきたま出版会 昭和62年初版) 兜太先生が講座に集まった方への句の選評や添削がたくさん書かれています。まるで俳句会にいるみたいに先生の空気感を思い出す本で、今なお勉強になります。先生の故郷への想いが書かれていて、じわ~っときます。

○俳句を学ぶ上で出会って良かったと思う本を紹介します。まずは、藤田湘子の「20週俳句入門」(学習研究社)と「実作俳句入門」(同)。この二冊で湘子は入門期の俳句の「学び方」を懇切丁寧に指導しており、私自身も句作の基本をしっかりと学ぶことができました。類書の中でも特に秀逸なものだと思います。近現代の主要作家の作品を学んでおくという意味では、水原秋桜子の「近代の秀句」(朝日選書)と山本健吉の「定本 現代俳句」(角川選書)が良かったと思います。これらを熟読したことは、その中身はほとんど忘れてしまったとしても、自身が俳句を作るの上での「基盤」にはなっていると思います。最後に私の俳句の恩師、熊谷愛子先生(故人)の句集「旋風」(花神社)と「地燭」(角川書店)を紹介します。私は個人的には熊谷先生の俳句こそ当代随一と思っていますが、俳壇では忘れ去られつつあるのが残念です。なんとかそのすばらしさを再認識していただきたいと願う俳人と作品です。

以上

新連載 第1回:俳人金子兜太の全人間論ノート 岡崎万寿

追悼 永田タヱ子遺句抄

『海原』No.53(2023/11/1発行)アップしました

第5回 海原金子兜太賞

マブソン青眼句集『妖精女王マブの洞窟』〈「妖精女王マブ」がもたらす可能性 中村晋〉

句会報:2023年10月「海原オンライン句会」

「海原オンライン句会」10/21(土)にZoom句会を実施。
 2023年11月は申込受付中:https://kaigen.art/online/

 今回も回答任意でアンケートを実施。Q:「AI俳句(人工知能が俳句を作ること、作った俳句)」についてどう思いますか? 結果はこちら


句会報:2023年10月「海原オンライン句会」

【高点句】(五点以上)

子を連れて謝りに行く秋夕焼 菅原春み

改行のごとき挨拶さわやかに 安部拓朗

母のことそのははのこと菊を焚く 小西瞬夏

鶏頭や母に楯突く模試の朝 満葉

オムレツを食ふ狙撃兵あかとんぼ 石鎚優

古書市に『暮しの手帖』花紫苑 大浦ともこ

火恋し夜のふくらみ人のふくらみ 小松敦

花野道ヒトに矢印お手洗い 野口佐稔

父と夫同じ芋科の別のいも 野口しずゑ

そうですか不知火ですか僕たちは 矢野二十四

【参加者各一句】(高点句以外)

夜を穿つ月の孤独を私す 榎本祐子

太刀魚のすらりと長し断ち切らる 宮下由美

ゆでたまご秋は普遍が見えてくる 佐藤詠子

老いてゆくなり木犀の香りして 田中信克

疎水べり猫軍団と月を待つ 樽谷宗寛

武装した市民が林檎齧ってる 夏谷胡桃

小鳥来る空はでこぼこしているか 平田薫

満月へ滑走は錆びゆく線路 増田天志

新涼やふと止まりたる朝の箸 伊東孝浩

「いっしょにメシ食うべえよぉ」と小鳥来る 大渕久幸

グラビアの笑窪広がり洞と化す 葛城広光

花野原張り巡らされる導火線 桂凛火

どう見ても終活要らぬ案山子です 木村寛伸

秋蝶の軽さを試す小枝いじわる 塩野正春

人工衛星彼岸花満開の夕空 谷口道子

とこしえの浮き足の白曼珠紗華 柳生正名

返事無き猿よ秋思のあるごとく 石川まゆみ

ロシアンルーレット交差点の白菊 石橋いろり

夜寒さよ簾にすがる猫の陰 小池信平

歳たけて命をここに涸沢紅葉 後藤雅文

ベトナムのこしひかりに似この新米 坂内まんさく

「倫」に見ゆパルテノンふと後の月 藤川宏樹
         ◇
 今回も選がかなりばらけた。九十六句中三点以下が五十六句、うち一点句が二十八句ある。一見、参加者の好みが多様なことをうかがわせるが、高点句には共感・実感を得やすい母・父・夫・子を詠み込んだ句が目立つ。「海原」の俳句にも景より人を詠む傾向が見え、句のテーマ・選の偏りが句の幅を狭めまいかと懸念する意見も出た。
 最高点は九点「子を連れて」、子として親として、多くの共感を得た。共感は出来るものの、ありふれた光景で採れずの声も。八点「改行のごとき」、読者によって様々に「改行」のシチュエーションを思い描く楽しさがあった。一方「さわやか」がありきたりとの声も複数。七点「母のこと」、季語の斡旋がおしゃれ、リフレインの表現に工夫あり効いている。六点「鶏頭や」、実感を感じて採る人の一方で状況説明との声も。「鶏頭や」には賛否あり。五点「オムレツを」、狙撃兵とて普通の人間であるということを言いたいのだと理解は出来るが、強調しすぎ(おおげさ)ではないかとの声、狙撃兵の少女を主人公にした小説の読書体験が影響したとの声もあり。「古書市に」、ずばり『暮らしの手帖』への思い入れの有無が選を分けた。「火恋し」、「ふくらみ」のリフレインが妙とも微妙とも。「花野道」、「ヒトに矢印」の解釈に幅あり。矢印記号などを必要とするヒトとヒト以外の世界の対比がさわやか。「父と夫」、「別のいも」を読者それぞれに面白がっていた。「芋」と言われることに納得感がない、また、「母と妻」にした場合でも面白がれるのか、との抗議あり。「そうですか」、「不知火」の解釈に奥行を感じて良しとする意見に対し、曖昧でよく分からないとの声もあった。会話を大胆に省略して切り出した表記が秀逸との声も。侃侃諤諤だったのは四点句「仮縫ひの待針余す十三夜(小西瞬夏)」。「余す」が巧い、リアリティ有り。一方、綺麗に仕立て過ぎでは、上五中七の状況と心情に対し「十三夜」で良いのか疑問、との声も。
(記:「海原」小松敦)

アンケート結果:2023年10月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください。

2023年10月「海原オンライン句会」アンケート
Q:「AI俳句(人工知能が俳句を作ること、作った俳句)」についてどう思いますか?
〈任意回答・順不同〉

○創作として、どうなのか。言葉遊びの側面だけが強調されないか。

○作句は人間だろうが、AIだろうがいいものはいいはず。ただ、AIは選句能力が乏しいとか?

○さまざまな事例から紡ぎ出した575。人間らしい句に近づいてきているのが怖いです。

○創作の楽しみが、無い。

○17音、季語とフレーズの取り合わせで或る程度までの俳句は作れるが、それ以上のものはできない。韻律、リズム、手触りなど、AIには作れない俳句を目指したい。

○将棋では人間を凌いでいますが、勝ち負けのない俳句はまだまだでしょう。ですが、いずれ限界のないAIが人間を凌駕するんでしょうね。そうなると俳句を作る楽しみがなくなり、新しく詠む人もなくなり、the endでしょう。

○例えば金子兜太の選句データをすべて深層学習させて、AI兜太選を受けてみたい。現在の技術でもかなりのレベルまで実現可能と思う。私情や嫉妬心は挟まないし、人間の選句より信用できると思う人も結構出るのではないか? 予選用としても大いに活用の余地あり。

○現在の通常の句会レベルの選句を前提にすると、AI作品が人間より点を集めるようになる世界はもう目前だと思う。

○今の将棋界は、AIを巧みに活用することで、「人間が指す将棋」の魅力を際立たせ、ファンも増やしている。今の俳句界にそれだけのIT知識とプロモーション能力があるかは大いに疑問だが。

○以前試しにChatGPTに作句させましたが、機能の低いバージョンだったせいか、ちゃんとした句はできませんでした。これから機能が上がって作句できるようになるかもしれませんが、やはり自分で試行錯誤しながら作句することに俳句の面白さがあると思います。ただ、自分で作った俳句の構造や助詞の使い方、季語や切字の効果など、基本的なチェックに使えたら便利かもしれません。ただし答えは自分で探す前提で。

○どんな景色をみせてくれるかの楽しみと怖さ。囲碁や将棋ではAIにより新しい手が発見されそれを参考に棋士は従来とは違った世界を描いている。俳句もAI作成の俳句により新しい俳句の世界が広がることを願っている。

○全く評価できない。面白みがない。AIは人間のことをどう思っている?

○いい作品だったら、参考にします。

○多分、語彙の豊富さと組み合わせ技術、表現の技巧などでは、人間はAI俳句に勝てないと思います。ただ、今のところ、AIには「こころ」がないので、どうしようもない感情や言いようのない感覚を表現することは難しいと思います。そんなところでしょうか。

○現在、「AIが俳句を作る」という創作面ばかりが論議されているようですが、むしろ「俳句を読むこと」とAI能力との関係の方が興味深いです。俳句の曖昧性や多様性などを、AIはどのように分析し処理するでしょうか。そちらの方がむしろ意味があるのでは?と思っています。

○作った俳句について、人工知能に感想を訊いてみたいです。どのような状況で作りましたか、どんな気持ちで作りましたか、などの質問を投げかけたら、どう答えてくれるかなあ。

○AIは絵も動画も音楽も小説もシナリオもニュース記事もつくれる。インプットした情報から統計的に言葉を繋ぎ合わせる仕組みとその成果物の出来はすごいと思う。好ましい俳句もできるだろう。議論のネタにはなるだろう。だけどあまり興味がない。自分の「つくる」楽しみをAIに任せることはあり得ないので。

○今のところ、AIは俳句を「詠め(つくる/compose)」ても「読め(感じとる/sense)」ない。AIが「読める」ようになってきたら、もっと面白い。というかAIに関係なく「詠み」同様に「読み」についてもっと取り沙汰される方が健全と思う。

以上

戦争が廊下の奥に立つてゐた〜戦後の渡邊白泉〜 齊藤しじみ

第5回 海原賞

第5回 海原新人賞

2023年冬「海原通信俳句祭」開催のご案内

『海原』No.52(2023/10/1発行)アップしました

句会報:2023年9月「海原オンライン句会」

 「海原オンライン句会」9月は16日(土)にZoom句会を実施。

 10月申込受付中。https://kaigen.art/online/

 なお、今回も、回答任意でアンケートを実施。Q:句のテーマや素材は、どのようにして獲得しますか?結果はこちら。よろしければご覧ください。


句会報:2023年9月「海原オンライン句会」

 今回より投句と選句のみでの参加(Zoom句会は欠席)も可能とし、参加者が増え36名となった。
 誰にも分かりやすい句は共感を呼び点数もそれなりに入る一方、内容・テーマがありふれていることも多く、表現のユニークさが猶更重視され、選を左右するようだ。この句会では、句の内容と併せて表現面にも着目し、採った理由よりも採らなかった理由を意識して合評していきたい。

【高点句】(5点以上・冒頭の数字は点数)

14 ほしづくよ母の敬語の刺さりけり 安部拓朗

11 小鳥来て戦争を足もとに置く 夏谷胡桃

7 キューピーの睫毛の疲れ晩夏光 田中信克

6 死ぬまでの主治医爽やかに挨拶 石川まゆみ

6 赤とんぼ交わるどの空も愉快 三枝みずほ

6 新しい靴にて月を呼びに行く 佐藤詠子

6 「ごはんまだ」「またそうめん」がこだまする 満葉

5 蚤市に皇子の写真赤とんぼ 夏谷胡桃

5 炎天の護岸工事の声ふとく 吉澤恭香

【参加者各1句】(高点句以外)

きみとならヌードになれるねこじゃらし 石鎚優

ポケットに空蝉確かめている不安 榎本祐子

右寄りの二死満塁の案山子です 木村寛伸

標本は羽ばたくかたち秋の天 小西瞬夏

人形の家のしきたり黴の花 小松敦

新涼やするりと通るシャツの袖 宮下由美

思い出も微塵の更地草雲雀 伊東孝浩

反戦の歌とは知らず草の花 大浦ともこ

炎天より戻りこの世の水を飲む 菅原春み

小鳥来る私の鉛筆硬いまま 谷口道子

老いたれど用心棒なり月の道 野口佐稔

頑張らぬ事を頑張る案山子かな 大渕久幸

段ボール朽ちてこほろぎ棲みにけり 小野こうふう

遠ざかる昭和の平和ソーダ水 川畑亜紀

秋掴む富士の高さへ背伸びして 後藤雅文

鈴虫や弄る先に妻おらず 坂内まんさく

縷紅草ちいさい一日でありぬ 平田薫

蟷螂飛んだ歌舞伎役者のやんちゃ 藤川宏樹

サンダルを拇指のはみ出す母似かな 藤田敦子

神風とならずに還る稲の花 柳生正名

補聴器買おう右耳の蝉時雨 石橋いろり

お味噌汁夕餉の雲を温めて 葛城広光

ひとり飯チャットアプリかふ・ふ・ふ 塩野正春

ぶら下がり人生蓑虫よ妻よ 樽谷宗寛

黄蝶あり葉の露啜りて離れざり 小田嶋美和子

草を引く一本一本のいのちかな 小池信平

御遺体は軍事費のせい地虫なく 野口思づゑ

八月尽みな足早に朝の駅 矢野二十四

 最高点句14点「ほしづくよ」、「母の敬語」の解釈が二つに分かれた。大事なことを話す時に敬語になっている状況、認知症ゆえに他人行儀になっている状況、後者で捉える者多し。採らなかった意見としては、親の認知症のテーマには食傷気味、「刺さりけり」の表現が報告的、心に刺さったその心情を別の言葉で、など。「ほしづくよ」のひらがな表記には、幼いころからの母への親しみ、母他界説、など諸々意見が出た。11点「小鳥来て」、現代の戦争が小鳥来るようにさりげなく近寄る空恐ろしさに共感する声、小鳥と戦争を二物衝撃させる不条理性を評価する声、「ある」とか「くる」ではなく「置く」が秀逸との声など。小鳥に旧ツイッターの青い鳥を重ねた者もあり。採らない弁としては、戦争が綺麗すぎる、軽い、もっと重いもの、との意見が多。渡辺白泉や三橋敏雄に触れる意見もあった。7点「キューピーの」、「キューピーの睫毛」への着眼良しとの意見多数。一方で、「疲れ」と言わずに疲れを表現したい、「睫毛の疲れ」に作為感じる、等の意見もあり。6点「死ぬまでの」、死ぬのは患者なのかそれとも主治医の方なのか、との解釈に分かれあるも、大方は患者。死んだらお終いと吹っ切れていて爽やか。医学的な見地で、患者に同情などせず敢えていつも爽やかにしているのだ、との意見も。6点「赤とんぼ」、「交わる」の解釈が分かれた。たくさんの蜻蛉が縦横に交わるように飛んでいる様、「交接飛翔」している様。採らない声としては「どの空も」がわからない。採った者は「愉快」の着地に好感。6点「新しい」、月の出を迎えに行くイメージ、発想が美しい、夜に新しい靴をおろすことから野辺送りをイメージするとの声も。採らない人は「分からない」、ファンタジーを好まない。6点「ごはんまだ」、猛暑の今夏ありふれた光景に共感して採る者も外す者も。「こだまする」と書かれてもこだましているように感じない、との意見も。5点「蚤市に」オーストリアとか外国の蚤市の印象、赤とんぼが時空を越境している、ノスタルジー、「皇子の写真」に平和を感じる、など。採らない人はリアリティを感じなかった様子。5点「炎天の」、炎天・工事の声・ふとく、全てお決まりのありふれた光景で採れない、との声。採った人はこのありきたりに共感。
 どんな俳句を好み、目指すのか、俳句に何を求めるのか、といった根本的なスタンスの違いが明らかになる合評であった。
(記:「海原」小松敦)

アンケート結果:2023年9月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください。

アンケート:句のテーマや素材は、どのようにして獲得しますか?
〈任意回答・順不同〉

〇季語に限らず気に入った言葉、引っかかった言葉をメモしており、気が向いたときこの言葉を使うぞと、一気呵成に句にします。打率はかなり低いですが、そこは気合で。

〇通い道の観察。仕事上の記憶。便所、風呂場での空想。世の中の出来事。他人の言動。

〇日常の葛藤とか子どもの単純かつ不可思議なこととか、句材といえばそれらをよくみることでしょうか。

〇俳句を考えることから、そして俳句を考えないことから。結局すべてということか。

〇新聞の文化欄(記事、書籍の題名や帯、短歌や詩)、美術館

〇妄想の世界に入り込む。特に小説の主人公の追体験をよくします。

〇閃き

〇子育てで忙しかった頃は、一人になれるお風呂でした。今は…朝のウォーキングですかね。

〇何時もの風景、行動、友達の話など。TVやツイッターもいい番組は参考にします。

〇吟行のような句作のための外出という時間があまりないので、通勤や路上、日常の家事の途中に目に留まった映像を拾うことが多いです。新聞や広告からも、よく言葉を拾ってます。でも、そのまま使うことは稀で、そこで得たテーマをしばらく考えていて、そのあとぼやっとフレーズが浮かんでくることが多いです。だから、いつも「ぼーっと」してま~す!!!

〇散歩や旅行などでの観察、日常生活の中での感想、過去の思い出、ネット記事からランダムに言葉を選びその言葉を入れて作句。

〇日常生活の中で気になったこと、ウェブや新聞・雑誌、小説、映画、写真などに触れて印象的だったものや言葉や想像した光景などをなるべくメモるようにしてます。そうしたメモを眺めて頭に浮かんでくる記憶や連想をまた言葉にメモしなおしたり。金子兜太の造型論を実践したいと日頃から思っていますが難しいです。そもそも、質の良いメモのためには、ものごとにいかに触れ感覚するかが大事だと思い(兜太の言う「純粋衝動」を得たい)、「生きもの感覚(アニミズム)」、「ふたりごころ」などに学んで、身体のコンディションや感覚を整えるように心がけてますが、今のところ思い通りにはいってません。最近「自重ストレッチ」始めました。

〇読んできた本や生活の中からふと言葉がおりてきますが、忘れっぽいのですぐ忘れます。メモを取るようにしています。

〇散歩で観察、家事・土いじりなど

〇涼しい季節はとにかくウロウロ歩いて、そのあとカフェにしけこんでコーヒーを啜りながら整理します。感覚に刺激を受けないと何も浮かびません。だから、暑い季節は、過去の記憶に頼ることが多いです。

〇用事へ向かう途中ほっと一息ついたとき

〇散歩しながら季節を感じて、ベランダや庭で風を感じて

〇テレビの映像、ラジオの言葉。特に自分は音だけ(ラジオ)の方が感覚が鋭くなる気がする

以上

縦深志向 金子兜太

「海原俳句、来たるべきもの」へのヒント

平明で重いものを 金子兜太

現代俳句の本格 金子兜太

土がたわれは 金子兜太

新たな前線をめざして(『海程』126号・127号での座談会)

2023年夏【第5回】兜太通信俳句祭《結果発表》

自由作品18句「カカオの女(祝詞橋)」大西健司

『北國幻燈 Hokkoku Gento』中内亮玄句集

『妖精女王マブの洞窟』マブソン青眼句集

『画家・瑛九の世界』瑛九生誕一〇〇年記念出版〔増補版〕福富健男著

吉澤祥匡・吉澤紀子句集『山影川鰍』〈遠汽笛 森由美子〉

『海原』No.51(2023/9/1発行)アップしました

埼玉県現代俳句大賞:第十九回(茂里 美絵)&第二十回(鳥山 由貴子)

第5回 海原金子兜太賞決定

第5回「海原金子兜太賞」(2023年度)が決定しました

2023年9月2日(土)、第5回「海原金子兜太賞」の選考会が開催され、応募44作品の中から、次のとおり受賞者が決定いたしました。おめでとうございます。

【海原金子兜太賞】
 「渋い柿」 佐々木宏

【海原金子兜太賞 奨励賞(二名)】
 「もずく天ぷら」 河西志帆
 「十指」 小西瞬夏

選考委員:安西 篤/武田伸一/田中亜美/堀之内長一/宮崎斗士/柳生正名/山中葛子
(以上7名 五十音順)

受賞作品と選考過程の詳細は、「海原」2023年11月号に発表予定です。

9月「海原オンライン句会」申込み受付中★欠席投句&選句もOK

9月「海原オンライン句会」のお申込み受付中です。
※8月は休会です

9月申込み:https://forms.gle/xGK7tXHBZpZx2fuA7
※申込み期限は、9/1(金)の24時です。

下記サイトで詳細ご確認の上、よろしければご参加ご検討ください。
詳細:https://kaigen.art/online/
※過去の句会報、7月アンケート結果(選句とは?海原・海程とは?)もアップしています。

【9月スケジュール】
・申込締切:2023年9月1日(金)24時
・投句締切:2023年9月8日(金)24時
・選句締切:2023年9月15日(金)24時
・句  会:2023年9月16日(土)13:00?15:30 (Zoom開室12:45)

★9月も高点句のあと零点句から逆のぼりで「全句」合評の予定です。

なお、「Zoom句会当日は参加できないけど、投句+選句(+事前選評)だけでもよければ参加したい」というご要望がいくつかあり、9月からOKにしますのでどうぞご参加ください。選句結果もお届けします。Zoom句会欠席の方は参加フォームの「海原オンライン句会のやり方などに関するご希望やご意見があれば教えてください。」の欄に、「Zoom句会欠席、投句・選句のみ」とコメントしてお申し込みください。
以上

第5回 海原賞・海原新人賞の決定

句会報:2023年7月「海原オンライン句会」

「海原オンライン句会」7月は15日(土)にZoom句会を実施。
8月は休会。9月申込受付中。https://kaigen.art/online/
今回は、回答任意でアンケートも実施。①あなたにとって選句とは何?②あなたにとって海原・海程らしさとは何? 結果はこちら。よろしければご覧ください。そのうち句会とは別に、皆さんのご関心あるテーマで座談会、ディスカッションなど企画予定。乞うご期待。

句会報:海原オンライン句会:2023年7月15日

【高点句】(五点以上)

水でっぽう人撃つことをためらはず 宮下由美

晩年は忙しいんだアロハシャツ 後藤雅文

「検索」の奥へ隙間へ御器かぶり 石川まゆみ

空蝉を嗅ぐ戦争がかさかさと 小西瞬夏

四畳半一間扇風機が猫背 藤川宏樹

炎昼や情夫のやうに眠りたる 安部拓朗

星涼し恐竜図鑑めくるたび 小西瞬夏

釜蓋朔日かまぶたついたちとふ頬杖にのる重さ 柳生正名

【参加者各一句】(高点句以外)

泰山木の花君の斜面へ逢ひにゆく 石鎚優

万緑の中悪相の鳩がいる 榎本祐子

往復書簡途絶えて久し夏薊 大浦ともこ

刃を引けば切り絵のヒマワリ遠見する 小田嶋美和子

ピッチャーにシュークリームを握らせる 葛城広光

水遊びわざと濡れて泣いたこどもだった 桂凜火

ででむしに親友居るか訊ねけり 上脇すみ子

河童の忌喰わず仕舞いの毒饅頭 木村寛伸

蚯蚓玉出穂の国の潤いじゃ 小池信平

真白な腕青蔦のつかむ空 小松敦

葛桜恋はつるんとしてかなし 田中信克

ごろ寝二足と四本かすか触れあう梅雨晴れ間 谷口道子

さあパリ祭だお菓子の好きな妻よ子よ 樽谷宗寛

私から我が飛び出す噴水や 野口思づゑ

白南風や明日のパンを買いにゆく 藤田敦子

移る日やひまわりの笑顔信じる日 増田暁子

荒梅雨やパチンコ屋の解体音 満葉

枇杷熟るる「今はどなたもゐませんよ」 矢野二十四

枇杷の葉の揺れて小禽とびたてり 吉澤恭香

 二十六名参加。三句出し五句選で合評。八点「水でっぽう」、実は恐ろしい句。国内外の政治情勢も想起させる。八点「晩年は」、アロハシャツの軽やかさに共感多数なるも、この句の眼目は意味内容より「忙しいんだ」の話し言葉口語表現でありそこを掬い取るべきとの意見あり。六点「検索」は、中七が前後に係る構成が巧み。五点「空蝉を」、視覚・嗅覚・聴覚とマルチモダールな身体感覚。「四畳半」は「猫背」のノスタルジー。「炎昼や」の「情夫」には共感・疑問それぞれ。「星涼し」は太古のロマン。「釜蓋朔日」は物象感溢れる季語に中下の身体感覚を衝突させイメージ膨らみ、意見多数大盛況。

 今回も無点句含め全句合評。回答任意でアンケートも実施。①あなたにとって選句とは何?②あなたにとって海原・海程らしさとは何?結果をこちらで掲載しているのでよろしければご覧ください。

(記:「海原」小松敦)

アンケート結果:2023年7月「海原オンライン句会」

海原オンライン句会では、参加者の要望をもとにして、随時アンケートを行っています。みんなに聞いてみたいテーマがあれば、どんどんご意見・ご要望をお寄せください

アンケート① あなたにとって「選句」とは何ですか?〈任意回答・順不同〉

〇新しい何かに出遭えるように だれかの思いを受け止めようとする行為

〇胸に響き、共鳴する句

〇なぞなぞの答え探し

〇心が動いた句を選ぶことです

〇自分に無い、意外性やオリジナリティに触れること

〇他者の作品を鏡として自分の感覚を捉え返すこと

〇新鮮な視点があること、それを探ること

〇好きな句を選ぶのを諦めること

〇選んだ句を通して、今の自分が見えてくる。

〇客観的にみること。

〇選句とは、「好き」を見つけて「矯めつ眇めつ」を楽しむこと。自分では書けないような句は、衝撃により一目惚れ。でも、好きなんだけど一カ所アバタがどうしても気になる、とか、あれこれ眺めまわして。で、結局「好き」が残れば、いただくことになります。

〇今度、考えをまとめて朝日カルチャーのテーマにしようと。

〇自分にはない発想や視角の発見、気づきの機会

〇発見、気づき

〇句の描く風景に共感できる。比喩表現が上手い。

〇真実をつかんでいること、そして、その表現が自分の琴線に触れるかを選句の基準にしている。

〇この句会に参加して初めて選句という作業をし、句を吟味・鑑賞することを経験。大変勉強になります。

〇「選句」には二つの意味があると思います。一つは俳句作品としての評価です。様々な観点から「俳句作品」として評価できるという、読者の「俳句観」に照らした評価です。そしてもう一つは、自分の心との一致です。作者が心の中で視たもの・思ったことと、読者のそれが五七五という短いフレーズの中で、ふっと、ピタリと一致する。皆様、そんな経験があると思います。俳句や文芸としての良さということとは別に、「ああ、この感覚」、「こんな想い出があったよね」、「あなたもそう感じていたんだね」といった、俳句を通じての「作者との対話」があると思います。それが「俳句」独特の貴重な「心のコミュニケーション」の方法だと感じています。それが「特選」という「枠」の存在理由にも、「社会性は態度の問題」と言ったことにも通じてくると思われます。

〇私らしさの創出。「好き」∧「作品の完成度というか詩というか創作物としての感服度」。

〇好きな句を選ぶこと=自分を吟味して他者に曝すこと。そしてその結果を他者と交換・交通することで自分の世界を豊かに拡張すること。普遍的な評価基準など無いが、俳句先生の場合は、先生のポリシーに従って表現の可能性を広げるべく指導的な選び方もあると思う(兜太先生のような)。

〇森の中に入って行くような感覚。

アンケート② あなたにとって「海原」あるいは「海程」らしさ、とは何ですか?「海原」以外の方は印象や想像で結構です。〈任意回答・順不同〉

〇いつも新しい境地を競っている場所

〇自由な発想の句

〇物象の生々しさ、体が反応すること

〇やはり、「俳諧自由」でしょうか?

〇俳諧自由

〇一言で言えば、「人間」や「生きると言うこと」を素直に真摯に、そして執拗に見つめてゆくという態度でしょうか。金子先生のことを想って見ても、海原の方々との触れ合いでもそのことは強く感じます。アンケート①の回答と重なってきますが、「俳句」には、いわゆる「俳句文芸」としての価値の他に、他者への想いの在り方とか、一種の人間存在への哲学とか、社会の中でのコミュニケーションの在り方とか、様々な課題を包摂する機能と力があると思っています。多くの俳句結社や同人誌では、当たり前のことですが、彼らなりの「俳句の文芸性」の価値追究や共有感覚が重要視されます。「海原」でも勿論、そのことは常に論議されていると思いますが、それを越えて人生や社会、環境といったものを「俳句を通じて」考えてゆく、その自由さと力とが「海原」にはあると思っています。

〇金子兜太先生が極めようとした俳句の世界を探求している同人・会友に触れ合える場に所属して俳句づくりをし、自らの作句力を高める。

〇「むちゃぶり」「ぶっちゃけトーク」など俗語的な表現が普通に使われていることに驚きました

〇兜太先生の精神。

〇緩急、硬柔、併せ持つ

〇ぶっ飛んでいるほどの自由さ。敷居の高さを感じています。

〇「創る」に相応しい句に出会える

〇幅ひろい句を受け入れる包容力のある句会と思っている。したがって「らしさ」を特定できない。

〇金子兜太師の生きざまにひかれ「海程」・「海原」を知り、その流れが脈々と繋がれているものと参加しています。

〇「海原」と対照的な広島圏の「夕凪」という結社にもご縁がありますが、何が対照的かといえば、「夕凪」は徹底的に五七五を守り、先生の教えを受け入れる点が態度としては全く異なると思われます。しかし、何気ない言葉の中にしみじみとした深さを感じる句も多いです。「海原」は、上記例示のとおり、縛りがなく自由だと思いますが、自由だということに縛られてはいないか、自由げにしなきゃいけないと思ってはいないか、自分自身の創作への態度や責任を考えさせられます。「らしさ」には流されるなと思う昨今です。もがいているわけです、いま。

〇俳諧自由。金子兜太「海程」の理念を引き継ぐ「海原」は多様性をはぐくむ海。いろんな生きものが共存するエコシステム(生態系)。

〇自分なりの表現方法を探して行けるところ

〇詩性

〇今、俳句に何が求められているかに常に敏感であること。只今の海原がそうであるのかは?

以上

『海原』No.50(2023/7/1発行)アップしました

「海原オンライン句会」9月・10月開催スケジュール

「海原オンライン句会」8月は休会です。
9月・10月の開催スケジュールを公開していますのでご予定ください。
詳細はこちら→ https://kaigen.art/online/
海原以外の方のご参加も大歓迎です。どうぞお誘いあわせの上、お気軽にお申し込みください。

第2回「海原」全国大会 in 秩父《創刊5周年記念》

締切迫る!第5回「海原金子兜太賞」募集

締切迫る!第5回「海原金子兜太賞」募集
―新作30句、募集締切は2023年7月20日―

●過去の受賞作品
第1回(2019年)
 本賞:すずき穂波「藁塚」
 奨励賞:望月士郎「むかししかし」
 特別賞:植田郁一「褌」

第2回(2020年)
 本賞:三枝みずほ「あかるい雨」
 奨励賞:小西瞬夏「ことばのをはり」
 奨励賞:森由美子「万愚節」

第3回(2021年)
 本賞:大沢輝一「寒落暉」
 奨励賞:河田清峰「笈日記」
 奨励賞:三好つや子「力水」

第4回(2022年)
 本賞:望月士郎「ポスト・ヒロシマ」
 奨励賞:ナカムラ薫「砂の星」
 奨励賞:三浦静佳「鄙の鼓動」

句会報:2023年6月「海原オンライン句会」

 「海原オンライン句会」6月は17日(土)にZoom句会を実施。二十六名参加。前回と何人か入れ替わり、海原以外の方やお誘いあわせのご見学のみの方もいたりして、今回も盛り上がりました。三句出し五句選で合評。
 今回は高点句合評の後、零点句から逆のぼりで、点数の低い句を重点的に全句合評を行いました。勉強になった!と好評でしたので、次回以降もこのやり方を予定。
 7月分、申込受付中です(申込期限6/30迄):https://kaigen.art/online/

句会報:海原オンライン句会:2023年6月17日

【高点句】(五点以上)
俳句部員募集プールの底の青 小西瞬夏
拗(こじ)らせてはしびろこうでゐる薄暑 柳生正名
「夏帽子あります」ウインドウに空 宮下由美
西口を出るどこかに虹は出てないか 矢野二十四
生き延びた匂いだ潮干狩の昼だ 安部拓朗
青葉闇くぐればどこか違う空 川嶋安起夫

【参加者各一句】(高点句以外)
逃がそうとティッシュにつまむ蜘蛛に胴 石川まゆみ
帰りゃんせ未生の海へ青すすき 石鎚優
眉濃ゆく描いて黒南風連れてきた 榎本祐子
縫ひつける母の名やさし半夏雨 大浦ともこ
チャーミングに老ひたきものよアカショウビン 小田嶋美和子
司馬遷がシャレコウベを並べたり 葛城広光
ハミングをかき混ぜ風のレモネード 桂凜火
ありていに言えば六十路は走り梅雨 木村寛伸
鍬を据へ土の汗する夕涼み 小池信平
ねじ花のネジで締めたい君の顎 後藤雅文
暗黙に突き出されたる心太 小松敦
嘘つきの口に茗荷の子がしゃきしゃき 田中信克
深山の風わが手包めり御手洗川 谷口道子
犀の背に群がる小鳥雨期近し 樽谷宗寛
ひとつ覚えの葭切のようミサイル報道 中村晋
叔父が逝く今年初めて蚊をつぶす 坂内まんさく
指の腹に黒胡麻卯の花腐しかな 藤川宏樹
母はまた蛍袋へ入り込む 増田暁子
薔薇浮かぶタイムリープのバスタイム 満葉
直葬といふ儀式あり春朧 吉澤恭香

 二十六名参加。三句出し五句選で合評。七点「俳句部員」、映像鮮やか、物語を喚起する、プールの水に心情の揺らぎを感じる。夏だけでなく年中募集中だろうとも。七点「拗らせて」、「はしびろこう」の斡旋が見事。「ゐ」の文字にはしびろこうの「眼玉」が見える、「薄暑」の疑義に対し「冷や汗」感あり良しとの意見。「拗らせて」まで書かない方が想像が膨らむ、とも。六点「夏帽子」、昭和レトロな街角に共感多し。何屋かわかりずらい、景が不自然との声もあり。五点「西口を」、西口の錆びれ感、虹は出てないことを承知で呟く心理に共感多し。「西口や」ではなく「西口を出る」がよい。五点「生き延びた」、むせ返るような磯の匂いの生々しさ。五点「青葉闇」、神隠し的異次元空間をシンプルに現出、「くぐれば」より「くぐりて」がベターとの意見。

(記:「海原」小松敦)

第1回兜太祭 レポート

『海原』No.49(2023/6/1発行)アップしました

山中葛子句集『愛惜』〈「その世」の華やぎを詠む 柳生正名〉

山中葛子句集『愛惜』〈一句鑑賞・桂凛火・高木一惠〉