『海原』No.2(2018/10/1発行)

◆No.2 目次

◆海原秀句 同人各集より

安西篤●抄出

蕨一束ほどの帰心で立っている 有村王志
橡の花幼き母も触れし幹 伊藤巌
いぶかしげに吾が手取る母夏座敷 榎本愛子
風鈴の青が淋しい私小説 大西健司
曼珠沙華母の小さき喉仏 奥山富江
夏の朝月パラフインの息づかい 川崎千鶴子
水温むちょいワルおやじの七分袖 楠井収
はふりかな目鼻なくゆく葦の水 黒岡洋子
青大将我れと向き合うとき歪む 小林まさる
緑雨かなスペアタイヤのごとく居り 近藤亜沙美
大地より胎児の匂ひ草いきれ 齊藤しじみ
葱の花兜太師囲みよく咲う 篠田悦子
夏帽や「ちひろ」の少女視線鋭し 鱸久子
リラ冷えの弥勒菩薩に合掌す 関田炎
雨の匂ひアジアのどこか半夏生 滝澤泰斗
老優の髪に染めむら姫辛夷 遠山恵子
水中花なにか言いかけた唇 鳥山由貴子
朝霧の囮とならん夫逝けり 永田タヱ子
告知無く人の壊れる麦の秋 新田幸子
利かぬ気の目ぢからに負け茄子の花 平田恒子
金魚浮かぶこの国は縮みつつあり 藤野武
浄瑠璃寺あじさい一斉射撃だな 増田暁子
でかいミミズ一本路地に国会前 マブソン青眼
馬鹿野郎と褒める父なり四葩咲く 三浦静佳
秩父若竹先生の声の垂直 村上友子
死ぬ死ぬとふ母嫌いです梨の花 森鈴
青蜥蜴いっしゅん深傷というひかり 茂里美絵
水温む腹話術師の喉仏 梁瀬道子
母音かすれる青梅に塩たっぷり 矢野千代子
人間をみておる出目金の退屈 横地かをる

山中葛子●抄出

笑い泣きときに論客羽抜鶏 有村王志
麦笛の直情いつより漂泊感 安藤和子
カミオカンデ飛騨往く人に鯉のぼり 石川修治
誰よりもうすき暗がりあやめ咲く 伊藤淳子
どくだみの花のかんばせ妻よ老けたな 宇田蓋男
風鈴の青が淋しい私小説 大西健司
杜若吉報ですかと聞けぬまま 桂凜火
梅雨豪雨恐竜時代が来たようだ 城至げんご
無患子のこぼれて兜太師眠る寺 北上正枝
萍や死はこっつんと一度くる 楠井収
シーツ敷くひろびろ夏の月の出の こしのゆみこ
静止する蜥蜴転生して動く 佐孝石画
春落日急がぬと言い兜太師逝く 篠田悦子
大戯場お骨上げの儀春ならむ 鈴木孝信
白鳥に少年という魔法とけ 芹沢愛子
まほろばの浮葉立葉や大賀蓮 高木一惠
狼とおおかみ夜半の液晶に 田中亜美
戦よあるな兜太の怒髪天を衝く 樽谷寬子
すずかけすずかけ青い実よ心音 遠山郁好
おおかみと夢の夏野をさあ生きん ナカムラ薫
人は逝くぽっとるるモネの睡蓮 西美恵子
蛇口から水の滴る沖縄忌 仁田脇一石
丸ごとに飲みこみくちなわの純情 野﨑憲子
枯れ尽くすからむし普段着のあいさつ 野田信章
噺家のまあるく逝きてゆすらうめ 松本勇二
流れゆく一人でありぬえごの花 水野真由美
うぐいすの明日の声して泪一つ 三井絹江
村に婚あり袴脱ぐ葱坊主 武藤鉦二
青蜥蜴いっしゅん深傷というひかり 茂里美絵
合歓咲いてうろつきませんね先生 森武晴美

◆金子兜太 私の一句

くろくなめらかうみの少女も夜の妻も 兜太

 句集『早春展墓』(昭和49年)の冒頭の道東旅行の作から。道東の湖は摩周湖、屈斜路湖、阿寒湖と神秘的な湖が多い。夜の湖畔に仕事の手を休めて独り立つ少女のシルエットが滑らかであり、艶っぽい。横に連れ添う妻の横顔も普段より華やぎ、セクシーである。山々の稜線に囲まれた夜の湖面が黒く神秘的である。ふと、湖畔のアイヌの悲話の伝説が胸裏を過る。十河宣洋

長生きの朧のなかの眼玉かな 兜太

 この句に会った時、ルドンの一枚の絵と重なった。田舎生活ですり込まれた世間の目と違う根源的な眼に捕えられた。もう一句「霧のなか動かぬ眼玉やがて破裂」を知り、師が破裂するほど凝視していたもの、朧の中で生きていた眼玉に迫りたいと願っている。師とはお話することも叶わなかったが、句を通して背を追い続けられること、自然の中に師の眼を感じられる一瞬があることを幸いに思っている。句集『両神』(平成7年)より。黍野恵

◆海原集〈好作三十句〉武田伸一・抄出

五月雨やつらいと甘え十代美し 有栖川蘭子
春夕焼誰恋うとなく庭にあり 飯田貞子
夕焼けに染まる木目の香りかな 泉陽太郎
泣きたい日です夏蝶の生まるるは 大池桜子
捧げ持つ夏帽に入るひよこかな 大西恵美子
夏薊上手に書けぬ「正義」の文字 川嶋安起夫
アメフトの二十歳の証言青嵐 黒沢遊公
バーベキュー誰か秋刀魚を忍び入れ 小池健一
植田一枚オープンカーで参上す 小泉敬紀
大西日搔き混ぜられし街に入る 小松敦
泉湧き出る便箋の一行目 三枝みずほ
古梅干黒いし献体は余っている たけなか華那
この道は帰る道なし蜻蛉つり 立川真理
胸すでに炎室となるや原爆忌 立川瑠璃
ゲバ棒と寝たアカシアの花の下 たなべきよみ
どくだみや花の仲間に入りたき 椿良松
燕来るかごやひぜんやそめものや 鳥井國臣
厨に蜘蛛僕は時代にぶらさがり 仲村トヨ子
逃水のごとき言の葉自慢です 野口佐稔
旅先で出合うふるさと青田かな 野口思づゑ
新年度生徒会長くねくねす 野村だ骨
バイオリンケース開けるや夏の大三角 服部紀子
梅雨晴れや傘を素振りの市バス停 半沢一枝
果物はすべて丸型我は尖る 平井利恵
馬の脚ごりごり洗い夏に入る 前田恵
タコの不可解クラゲの自由我鬼忌かな 松本千花
桐の花わたくし雨とあなたの雨 望月士郎
ふくしまの大地に鉄塔桐の花 山本きよし
合歓の花地図で辿りぬ師の旅を 山本幸風
熊楠の喜色満面梅雨湿り 吉田和恵









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です