『海原』創刊号(2018/9/1発行)

創刊号 目次

◆海原秀句 同人各集より

安西篤●抄出

蝉の木の下手な奴いる未帰還兵 有村王志
種播いて言葉が少し行方不明 伊藤淳子
ねばっこいねばっこい木の芽雨 江井芳朗
昭和の日裏返しして干す魚 大沢輝一
夏の蝶右から左から攻める 奥野ちあき
卓上に智恵の輪憲法記念の日 片岡秀樹
毒の字に母いて強し白日傘 加藤昭子
海鞘を割くまだ人間でいるつもり 狩野康子
逝きて戻らぬとりあえず冷奴長 河西志帆
風ひかる旧交というまわり道 河原珠美
芽起こしや影ごうごうと「存在者」 北村美都子
八十八夜のかるいブリキの音だ父 木下ようこ
ショートカットの母のうなじを夏の潮 こしのゆみこ
子宮かろし春昼の橋渡り終へ 小西瞬夏
花水木あかるい猜疑心でした 佐孝石画
まるき字の嫁なり終日囀れり 重松敬子
麦秋やフクシマ除染地図開く 清水茉紀
躑躅燃えルオーのような昼下り 白井重之
花アカシア異教のような耳鳴り 竹田昭江
青葉騒アンモナイトのデッサン画 田中亜美
浮巣のようでもあり先生の遺影 遠山郁好
涅槃西風師の骨白く太きかな 長谷川順子
天上のひとに弟子入り草刈女 日高玲
浅草暮色どじょう鍋屋に下足札 増田暁子
師を送る旅の真昼のえごの花 水野真由美
しーんとす人も白梅も濡れており 三井絹枝
形容詞の足りない妻と春炬燵 宮崎斗士
ピアノあやすごと春愁の調律師 村本なずな
先生は別館におります春夕焼 室田洋子
桜トンネルここは産道そして祈り 若森京子

山中葛子●抄出

蒸発したき人の集まる花見かな 石川まゆみ
巨岩この魂の冷え春逝くなり 伊藤淳子
朱夏なれや大海原に彼の光 大池美木
先生の杖が麦秋なでてゆく 大髙洋子
バナナむく兜太の手つきトラック島 岡崎万寿
夢の兄ふと水切りを投げんとす 尾形ゆきお
海鞘を割くまだ人間でいるつもり 狩野康子
芽起こしや影ごうごうと「存在者」 北村美都子
子宮かろし春昼の橋渡り終へ岡 小西瞬夏
兜太の揮毫梵音として被爆地に 齋藤一湖
春袷パイプオルガンのコンサート 笹岡素子
蝌蚪の紐何とか残る村八戸 佐藤君子
オノマトペが降りそうな空亀鳴けり 清水恵子
青葉騒アンモナイトのデッサン画 田中亜美
はつなつの聖堂静脈の昏さ 月野ぽぽな
春が逝く白抜きのわたしのカモメ 鳥山由貴子
兜太先生白梅咲いてますねここ 中内亮玄
夫婦喧嘩につつーっと下りて蜘蛛光りぬ 中村晋
オリオン南中師のぬくもりのまだありて 長谷川順子
天上の人に弟子入り草刈女 日高玲
夏は立つ立てぬ歩めぬ夫の辺に 前田典子
浅草暮色どじょう鍋屋に下足札 増田暁子
背を押してくれし神あり麦の秋 松本勇二
鳩のつがい大空かけて兜太葬る マブソン青眼
なめくじの履歴書意外な読みごたえ 宮崎斗士
たたむべき空しさに一礼麦の秋 深山未遊
おだやかにしかし多喜二の忌に逝けり 柳生正名
あれから七年三春桜に会いに行く 横地かをる
きっと修復可能なケンカ菖蒲湯へ 六本木いつき
春眠や球体感覚のままがいい 若森京子

◆金子兜太 私の一句

 富士たらたら流れるよ月白にめりこむよ 兜太

 平成二十七年に、金子先生から戴いたこの色紙。壮大な、動かない自然と動く自然との融合。すこし俗(?)な言葉の裏に、それ故に尚のこと浮き彫りになる、夢幻の世界。富士山のなだらかな、しかし鋭い稜線が月白に突き刺さる情景は、神々の妖しくも秀麗な交合とも思え、加えて先生のシャイな心も仄見えて、私の愛誦句のひとつとなった。句集『旅次抄録』(昭和52年)より。茂里美絵

 唯今二一五〇羽の白鳥と妻居り 兜太

 昭和五十九年の瓢湖での作。恐らく湖畔に掲示されていた白鳥飛来数を、そのまま取り込んだ。大きな数詞、そして字余り。しかし定型感に全く破綻がない。ばかりか弾む息遣いの生き生きした韻律。かつ臨場感。ズームアップされた犇めく白鳥と妻との美しく耀きあう一瞬(存在としての妻と白鳥)。兜太六十五歳・皆子五十九歳。命の高揚と華やぎと。句集『皆之』(昭和61年)より。藤野武

◆海原集〈好作三十句〉武田伸一・抄出

手になじむ万年筆が生み出す詩 安徳由美子
踏み鳴らす能舞台まで麦の秋 石田せ江子
魔が差したとわかっているよ青芒 泉陽太郎
北千住商店街や蝸牛 大池桜子
みんな無口に風死す無言館を去る 大野泰司
暦から三月十一日消し去りぬ 金澤洋子
夏草を踏み心地良い筋肉痛 川嶋安起夫
青葉闇くちうつしすることばかな 小松敦
天空と辛夷のあわい白濁す 斉藤栄子
蝶止まるてのひら血のかよふ感覚 三枝みずほ
立ち話行者にんにくに終始せり 榊田澄子
落し文鯉のもみ合う口あまた 白石修章
遠野初夏魑魅魍魎は国家から 関無音
パソコンを手放すためらい春夏日 関口まさと
長く細い尾だ母の日の霧笛 たけなか華那
手毬花ペンを置く時俯きぬ 立川真理
進学は夢の向こうや花は葉に 立川瑠璃
激論も心地よき和や夏料理 谷川瞳
往く蟻に帰りの蟻が何か言う 寺口成美
春の虫名など知らねど打ちにけり 中神祐正
古雛マグマを溜めし妻の笑み 中川邦雄
リュウマチの母や茅花をうましと言う 中谷冨美子
限りなく母に染まる日沈丁花 中野佑海
薄明や蛻の蟬に息残り 中村セミ
うりずんとう響が好きで手をひらく 仲村トヨ子
レコードの傷音痒き暮春かな 前田恵
青蛙地球まるごと蹴る構え 増田天志
砂時計の中に二匹のアリジゴク 望月士郎
最短を海図に描きヨット発つ 山本きよし
青き踏む一頭の蝶に変るまで 吉田和恵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です