りんどうの花 日高玲

『海原』No.26(2021/3/1発行)誌面より

◆第2回海原賞受賞 特別作品20句

りんどうの花 日高玲

草原に仔馬を拾う遥かなり
清明の鳥のたちまち流れゆく
半地下に打音の響く日永かな
夜更かしの水飲む舌のおぼろなり
白アスパラ喉のくぼみの脈打って
メジロ二羽感情移入せぬとあり
原っぱに貴石埋もれてさみだるる
龍の這う不易の水をいさかいぬ
滝の音やがて微塵となるレモン
ぬか漬けの甕に秋の蚊クロニクル
木星に土星近づく草泊
鹿の目よ棕櫚の葉音に眠られぬ
優雅なる野生のしぐさ鮭の葬
旅の終りりんどうの花象りて
言葉ひとつ白桃の蜜滴りぬ
我を通す童子の悲鳴白鳥来
アイススケート少女に傷の組み込まれ
ひと寄りて絹の冷気のさまよえる
鶴を飼う時雨の軒に宿りして
雪原に晒す老女の微笑なり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です