乾き 小西瞬夏

『海原』No.16(2020/3/1発行)誌面より
◆特別作品20句

乾き 小西瞬夏第1回海原賞受賞

厄玉の砕けてしまいたる秋思
秋蝶のかすかな脚がふれし母
風が出て囮のこえの潤むとき
風音やひとつ残りし蓮の種
黒鍵にかしずいてゐる色なき風
降りだす雪ピアス外すを見られつつ
ランボオや使いきれざる息白し
母は海坂さざんくわの開きやう
雪聖夜汲みたる水の平らかに
冬霞死者だんだんに進みつつ
手鏡の柊の花ふせようか
人形の眠る函の中 冬日
押入れに醒める少年冬の星
杏酒の泡うきあがる春の昼
春の雷いきなり夜の匂ひかな
鳥交るあふれるほどに水を汲み
剪定の音の光れる多佳子の忌
ものの芽や青年のゆび指すほうに
春寒や碧をつらぬく展翅板
耳を向けると春蝉の翅の乾き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です