『新燃岳』福富健男句集

新燃岳しんもえ』福富健男句集

初御代桜手渡す朝の光かな

「この句が巻頭を飾る理由はもう一つある。それは「初御代桜」が、宮崎県人の篠原邦明という人が作り出した桜だということである。福富健男氏の精神が宮崎県から離れることはない。氏の句を読むことは宮崎を知ることであり、宮崎に近づくことである。氏の魂が宮崎の地を離れることはなく、宮崎の地霊が氏を離すこともない」(秋尾敏・俳誌「軸」主宰の序より)

■発行=鉱脈社 定価=二五〇〇円(税別)
■著者住所=〒880‐0034宮崎市矢の先町八〇番地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です