『初時雨』松林尚志詩集

『初時雨』松林尚志詩集

「詩誌『方舟』を代表する詩人にして評論家でもあった松林尚志氏は、平成の始まりと同時に俳句に舵を切り、俳誌『木魂』を主宰して精緻な古典文学論を展開してきた。文壇碁会の名手としても知られる。本書はその稀代の文人がふたたび詩の原点をめざす新しい船出といっていいだろう」(詩人・郷原宏氏の帯文より)■発行=砂小屋書房 定価=二五〇〇円(税別)
https://www.sunagoya.com/?pid=156425963

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です