『一対』小西瞬夏句集

『一対』小西瞬夏句集

 いちまいは蝶いちまいは光かな

「…心の中にある不定形なものにも挑むため、俳句をつくるとは、言葉で、あるかなきか分明でないものを発見していく作業ともなる。結句、存在するらしき対象に言葉が現れる瞬間に情景(存在)が同時に立ち現れる、ということになる」(中原省五の解説より)
発行=喜怒哀楽書房 定価=二○○○円(税別)
https://www.amazon.co.jp/dp/4907879474

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です