『きっと瑠璃色』大池美木句集

『きっと瑠璃色』大池美木句集

手も足もばらばらになり蝶の昼

「ここには身体感覚の冴えがある。蝶々が乱れ飛ぶ真昼は「手も足もばらばらにな」るとの感覚は、まさしく現代の不安感そのもの。現代を生きる私たちの避け得ない不安。その不安感を身体感覚で捉えた一句と言えよう」(塩野谷仁の序文より)

■発行=ふらんす堂 第一句集シリーズⅠ
■定価=一七〇〇円(税別)
https://furansudo.ocnk.net/product/2697

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です