白い深淵 佃悦夫

『海原』No.26(2021/3/1発行)誌面より

◆自由作品20句

白い深淵 佃悦夫

かいつぶり女院大の字に寝たるか
白梅や秤に揺らぎ残りおり
人外にもっとも遠くニオ寝落つ
水神も兎も寝るをはじめたる
一瞬は蝶本道を外れたり
白梅を手折り祖は渡来人かと
陽炎を真っ向から毟りたり
白百合の骨肉覚めいたりけり
白蝶の動脈刺すことはかどりて
白蝶の発条が顔にもぶつからむ
本流は草矢で埋まる夜中かな
菜畑の涯にかならず面人
草はらの夏は千手の突き刺さむ
鳰鵺にもっとも近いようだ俺
青垣を造りつづける白鳥か
深淵を往ったきりなる鉦叩
かまど神冬稲妻と相対死
冬の陽の血眼本尊まで届く
寒鴉人に非ずと喚きおり
大寒というエメラルド破損せり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です