白い地図帳 水野真由美

『海原』No.16(2020/3/1発行)誌面より
◆特別作品20句

白い地図帳 
水野真由美 第1回海原賞受賞

約束を言葉にさるとりいばらの実
食みをれば鹿となりけり霧の底
風と風のあはひの森の椋の実よ
萱野なり渡りし水を川と名付け
夕闇に人すぐ消えて雪野原
男老ゆ木霊らの夢に見られつつ
冬の夜の沖ゆく船の灯を数ふ
寒月光もしくは弦楽四重奏
木の椅子に去りし時雨の匂ひをり
煙突に塗る海のいろ冬木の芽
兜太亡き空の木目をなぞりゆく
寒満月円陣を組む馬たちよ
朴の木を伐る毎に冬の雲生まれ
榾明りポスター剥がれゆく駅舎
冬麗の少し焦がしてパンの耳
風花を老いたる猫と嗅ぎをりぬ
馬の背に戻らぬ父や冬銀河
水を抱く手にかさなりて枯木星
きさらぎの月のひかりに地図開く
芽吹かねばならず樹木の立ちにけり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です