流し台 すずき穂波

『海原』No.15(2020/1/1発行)誌面より
◆第1回海原金子兜太賞受賞第一作〔3回連作・その1〕

流し台 すずき穂波


ヒロシマの影に木耳の吸湿性
小腹すくバナナ・ボートは労働歌
全身筋肉の尺取諧謔に行くべし
落蝉存在する空間無韻
抽斗に虚ろなお金天の川
朝霧の馬にまばゆき安楽死
秋雨前線インパール作戦に葷羶くんせん
秋冷の生き死に扱ふ流し台
この国を鞣してゐたり秋の潮
邯鄲の歴史にわたし食ひ込んで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です