水を汲む 三枝みずほ

『海原』No.16(2020/3/1発行)誌面より
◆特別作品20句

水を汲む 
三枝みずほ 第1回海原新人賞受賞

初秋の花の匂いの髪を梳く
雨粒のゆっくり赤へ曼珠沙華
ひざまずき少女は秋の水を汲む
雨音の遠く花野にソルフェージュ
ねこじゃらしどちらが先に泣くだろう
秋風のカーテンひらがなのひとつひとつ
秋星と触れ合いながら子の寝言
身体しかなくて砂時計また返す
海鳴りのつづきのように手紙来る
書き出しやずっと手に持つ寒いペン
くしゃみひとつそれでも空のあかるい日
マフラー空へ広い野っぱら走らねば
枯野にころぶ四肢の感触まだありて
背骨一本ふとなまなましい枯木
並べられ体温よりもつめたい椅子
残業のブルーライト冬の水飲み干す
凍つる夜の羽音として終電車
枯木に空ここは始発駅です
手のひらを透かせばそこに冬の蝶
クレヨンはおひさまの香冬日向

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です