孵ろうか 望月士郎

『海原』No.16(2020/3/1発行)誌面より
◆特別作品20句

孵ろうか 
望月士郎 第1回海原新人賞受賞

春の闇そっとたまごを渡される
朧夜の卵に貼ってある「光」
鳥雲に托卵されてわが目玉
触りにくるさくらさくらと囁いて
母の視線感じて巣箱の穴一つ
抱卵期握手にやわらかな隙間
地球儀の影を楕円にくれかぬる
白日傘ひらくと軋む骨は母
ヒロシマと記す卵の内壁に
嘴が私の内から突っつくよ
月の湖卵の中に黄身二つ
良夜かな妻とまあるいもの支え
無口な奴だなゆで卵むいてやる
階段にナースの卵十三夜
ぼんやりとガーゼに滲み出す日の丸
折り鶴のたまごは四角冬青空
姉さんほらこんなところの寒卵
黄身白身かきまぜている雪女
雪だるま溶けて帽子屋にひとり
どの町のどの樹の上に孵ろうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です